ブログランキング97

恋〜いつか出逢ったあなた〜

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3368
  • 読者 721
  • 昨日のアクセス数 2824

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/17 15:34:26

  • 76
  • 0

「ほら、お年玉だ。」

お正月も両親は仕事で海外。

そんなわけで、冬休みの僕たち兄弟は…祖父である神幸作の屋敷に泊まっている。

だけど祖父も多忙な人で、ここでの僕らの相手は祖父の執事の篠田さんと、お手伝いのたきさん、それから三人いる運転手さんの空いてる人と、警備の人。


「あけましておめでとうございます…ありがとうございます。」

祖父の手から、お年玉をもらう。

冬休みに入ってすぐ泊まりに来たけど、会ったのは年明けて二日目の今日。


僕は中等部の二年で、千幸は一年。

幸介は初等部の四年で、千秋は幼稚舎年中クラスから入園。

千里は…春まで待って年中クラスに入るはずだったが…

夏休み以降、さらに千秋と離れるのを嫌がって…両親が仕方なく年少クラスに途中入園させた。


桜花の幼稚舎は一歳児から入園出来る。

うちみたいに兄弟の多い者は、揃って早くから入園してた。

だけど僕も千幸も、幸介も千秋も年中からの入園。

どうしてだろうって思ってたけど、それはあまり家に帰って来ない両親が、いつ帰って来ても僕らに会えるように…

僕らが小さな間は、家にいさせたいらしい。

…確かに、僕は覚えてる。

幼稚舎に入る前、両親は朝帰って来たり昼間に帰って来たり…

特にお母さんは、帰って来てすぐ僕と千幸を抱きしめて。

『会いたかった』って…何度も頭を撫でてくれてた事。

幼稚舎に入ると、それが千幸だけのものになるんじゃないかって…

入園の時、少し泣いたっけ…

千幸は、僕が幼稚舎に入っても千里みたいに泣かなかったし、入園してからもすぐに友達を作って、僕の後を追うような事はなかった。

だからかな…

千里に追われる千秋を、少し羨ましくも感じる。

五人兄弟の中で、一番仲良しな二人。


「千里、幼稚舎はどうだ?楽しいか?」

祖父が千里を膝に座らせて問いかける。

僕と千幸と幸介は、祖父にそうされた覚えがない。

千秋と千里は、特別らしい。

僕と千幸は特に妬かないけど…幸介は妬いてるんじゃないかな。


「うん!!んっとねっ、アキちゃん、いつも一番なのっ!!」

「ははは。おまえは千秋が一番なのが嬉しいのか?」

「うれしいよっ!!おっきい兄ちゃんと、二番目兄ちゃんと、真ん中兄ちゃんが一番になるのも、ちー、すっごくうれしいよっ!!」

じーん…

「千里は可愛い奴だな。」

祖父はそう言って千里の頭を撫でる。

僕も祖父のそばに行って、千里を撫でたい気持ちだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 48th 12

    10/18

    「ちー!!」「……」「ちー、おい!!ちー!!」「...

  2. 48th 13

    10/18

    祖父は絶句した。ちーが言いにくそうに『ポケット…』って言...

  1. 48th 10

    10/17

    僕の名前は神千里!!五歳!!神家の五人兄弟の末っ子で...

  2. 48th 14

    10/18

    「…千幸?」千幸の姿を見た時は、みんなが目を丸くした。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 義両親を「早く死んで」と思う嫁
  2. 夫を本気で怒らせてしまった
  3. 金ないアピールする友人に疲れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3