ブログランキング57

恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1263
  • 読者 3465
  • 昨日のアクセス数 5299

男の料理

しおりをはさむ

2016/10/17 08:57:36

  • 313

「ちょっと買い物行ってくる」

ケイスケはそう行って出かけて行った。

私が一緒に行くと言っても、頑なに拒否。

ということはつまり…

絶対どこかで何か買ってくるつもりだな!

そう思っていたけど、ケイスケは買い物から帰ってくるなりキッチンに立った。

「あっち行ってていいから」

そう言われたので、リビングで動画を見ていると、すぐに「ちょっと来て!」と呼ばれた。

行ってみると、アルミホイルに包んだじゃがいもを手にオーブンとにらめっこのケイスケ。

どうやら、引っ越してから1年以上経つのに、オーブンの使い方が全く分からなかったらしい。

ただ、その後は、順調に進んでいるのか、時々「あれ?」とか「あっちー!」とか独り言が聞こえてくるだけで、私が呼ばれることもなく約1時間。

キッチンから漂ってくる匂いで何を作ってるか想像しながら待っていると…

「出来たよ〜」

ケイスケの嬉しそうな声が聞こえてきた。

テーブルには、パックで買ってきて洗っただけのミックスグリーンのサラダ、これまた買ってきてお皿に出しただけの生ハムとチーズ、ベイクドポテトにボリューム満点のステーキが並んでいた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 夕方には、乗りたかったアトラクションも制覇し、私たちは、買い...

  2. 私が3回運動したら、ケイスケが1回食事を作る。そんな約束...

  1. ケイスケを1人で待つ間、余計な事をついつい考えてしまう。...

  2. ケイスケは、ブラをしたままの胸元にキスをしたところで止めると...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/23 編集部Pick up!!

  1. 夫に内緒で「お金貸して」と義母
  2. 夫の仕事の愚痴聞くのはウンザリ
  3. 母の名前を覚えない義母に苛々

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3