ブログランキング82

恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1288
  • 読者 3644
  • 昨日のアクセス数 1940

優しさの裏側

しおりをはさむ

2016/10/16 12:17:44

  • 325

今日で無事3回の運動を達成した私。

「今日はご飯も作らなくていいし、ちょっと休憩!」

午後、そう言ってベッドに寝転ぶと…

「筋肉痛なんでしょ?マッサージしてあげるね」

ケイスケがそう言って私の脚やら背中やらを揉んでくれた。

温かい手が気持ちよくて私はウトウト。

最高の気分だったのに…

「これで料理はチャラになったりする?」

ケイスケが、そんなふざけたことを言い出した。

随分優しいと思ったら、そういう魂胆か!

ってことで無視していると、今度は隣に寝転び、別の場所を触り始めた。

なので、終わってから今度は私からケイスケに提案。

「これも運動1回とカウントしていいなら、マッサージで料理チャラにしてあげてもいいよ。今週何回したか数えてみる?」

ただ、これはケイスケにとって不利な条件。

「簡単な物しかできないよ?」

「美味しくないかもしれないよ?」

結局、観念したようで、そんなことを言いながら、冷蔵庫の前で何を作るか頭を抱えていた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 色んな食材を買って料理とは言っても私の得意料理はどうやら味噌...

  2. 私が3回運動したら、ケイスケが1回食事を作る。そんな約束...

  1. ホルモンバランスのせいかも昨日はつとむくんは飲み会なので...

  2. 中華料理作りました。昨日はトマトソースを調べて美味しく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3