*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 111
  • 読者 25
  • 昨日のアクセス数 452

花嫁と祓魔の騎士 12

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/10/16 06:20:03

  • 1
  • 0

雨の中、凍えそうだった。
俺はこのまま死ぬんだと思った。

他人なんか信じられない
そう思っていたのにーーーーーーーーーー。










花嫁と祓魔の騎士 12



露わになったアンネの身体は、
陶器の様に白くて、スベスベしていて、
柔らかい〝女性〟の匂いがした。


俺はそれだけで、
アンネに夢中になっていく。


胸の膨らみを触り、
乳首を吸い上げると、
アンネから嬌声が漏れでた。


「ァンッ……、や、ヤダ…、ハル、
ダメ、あなたはまだ子供なのよ?!」


「イヤだ。俺は子供じゃない」


俺は右の乳首を含みながら、
左手でアンネの左の胸を優しく揉み、
そのまま乳首を愛撫した。


「あっ、あっ…!!
や、ヤダ、ンンッ!!」


「ホラ、ここは気持ちいいって言ってるよ?
ピンク色で…すごく、綺麗だ」


触れた所の何もかも気持ち良くて、
俺は自分が止められない。



アンネが欲しい。
本当に自分のものにしたい。



クチュッ、チュパッ……

「や、やらしい……音、させないで……」


「アンネ……」


「お願い、、、
ハル、ちゃんと怒ってる理由教えて…
そしたら、納得したら、私…

あなたと、触れ合ってもいいわ…、」




だから、お願い…



快感で火照った身体、
潤んだ瞳でお願いされて、
俺はそれ以上強引にできないと悟った。


アンネに、嫌われたくなかった。


続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………※エッチなお話になります 苦手な方はスルー願いま...

  2. 直接触られてる胸はすぐに反応をしめし、揉まれている胸に...

  1. 先生は胸のタオルを取って温かいオイルを谷間に垂らした。...

  2. 服ごと私の乳首を舐めながら、手は裾から潜らせて、ウエストや胸...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 入籍直前に彼の借金発覚して驚き
  2. 「会いたい」と言う彼が嫌になる
  3. 息子がギャン泣きで泣きたくなる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3