*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 141
  • 読者 31
  • 昨日のアクセス数 27

花嫁と祓魔の騎士 12

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/10/16 06:20:03

  • 3
  • 0

雨の中、凍えそうだった。
俺はこのまま死ぬんだと思った。

他人なんか信じられない
そう思っていたのにーーーーーーーーーー。










花嫁と祓魔の騎士 12



露わになったアンネの身体は、
陶器の様に白くて、スベスベしていて、
柔らかい〝女性〟の匂いがした。


俺はそれだけで、
アンネに夢中になっていく。


胸の膨らみを触り、
乳首を吸い上げると、
アンネから嬌声が漏れでた。


「ァンッ……、や、ヤダ…、ハル、
ダメ、あなたはまだ子供なのよ?!」


「イヤだ。俺は子供じゃない」


俺は右の乳首を含みながら、
左手でアンネの左の胸を優しく揉み、
そのまま乳首を愛撫した。


「あっ、あっ…!!
や、ヤダ、ンンッ!!」


「ホラ、ここは気持ちいいって言ってるよ?
ピンク色で…すごく、綺麗だ」


触れた所の何もかも気持ち良くて、
俺は自分が止められない。



アンネが欲しい。
本当に自分のものにしたい。



クチュッ、チュパッ……

「や、やらしい……音、させないで……」


「アンネ……」


「お願い、、、
ハル、ちゃんと怒ってる理由教えて…
そしたら、納得したら、私…

あなたと、触れ合ってもいいわ…、」




だから、お願い…



快感で火照った身体、
潤んだ瞳でお願いされて、
俺はそれ以上強引にできないと悟った。


アンネに、嫌われたくなかった。


続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. その日は、一度では終わらなかった。汚れたシーツを替えて...

  2. キモチいい身体してんじゃん女の上を重なり躍る...

  1. 籠の鳥 1

    2015/02/13

    「江里子...帯を解いてそこに寝なさい」低く、冷たい政治...

  2. 自由になった、私の胸にハルの大きな手が置かれる。膨らみ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3