七色の恋~赤い糸、結びました

ナナコの恋の物語

  • 記事数 48
  • 読者 2004
  • 昨日のアクセス数 18

orange19*廊下

しおりをはさむ

2016/10/15 20:42:47

  • 106

三人で焼きそばを食べて

私は当番に戻る時間になった。



よく考えれば

ダイとキイちゃんは

二人きりで文化祭を回ったんだ。



イチャイチャと

楽しそうな二人を見ていると

さっき告白されるかも!と

考えた自分が恥ずかしくなった。



私はメル友以上にはなれるのかな。



キイと笑い合うダイの横顔に

聞こえないように呟いた。



「何か言った?」と

私を見たダイの瞳には

私はきちんと映ってるかな。



「ううん。何でもない」



ニッコリと答えた。



「あ! ナナ!」と

ダイが目を見開いた。



「ん?」と返事の代わりに

首を傾げた。



「歯に青のりついてるよ!」



ぎゃあ!!!



間違いなく

ダイの瞳にはバッチリと

私の青のりまで映っていた。



恥ずかしくて死ねる。



キイが「手鏡あるよ」と

バッグの中をゴソゴソする。



「トイレに寄ってから教室に戻るからいいっ。今日はありがとね。じゃ、またっ!」



逃げるようにして

その場を離れた。



校内に入ると

恥ずかしさと胸のモヤモヤが

全身を覆ってきて

泣きそうになりながら

長い長い廊下を走った。












tbc

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「お化け屋敷は男女ペアで回ろう!」ダイが張り切って言...

  2. 二学期が始まった。あの合宿以降、私はダイを目で追うよう...

  1. クラスの出し物は盛況でなかなか休憩時間が取れない。...

  2. しばらくすると不意にダイが笑い出した。「岸谷がキ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/26 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 不倫する女性は日本から出て行け

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3