ブログランキング7

Fictions

卒業後の千晴と藤田先生編

  • 記事数 365
  • 読者 2010
  • 昨日のアクセス数 46910

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/15 16:58:40

  • 135
  • 0

「…うわっ、びびった。碧かよ」

両手でブラジャーを隠したが、浅野君だったので、ちょっとほっとした。

「遅れたら藤田先生に怒られちゃうよ」

「それなら碧もだろ」

浅野君は教室を出ることなく、自席で着替えを始める。
その姿を見ていたら、「早く着替えろよ」と言われた。


彼はすぐに着替え終わり、まだ上半身ブラジャー姿でいる私の前まで来て椅子に座った。

「近くで見ないで」

浅野君の無遠慮な視線に恥ずかしくなって、背中を向けて体操着を頭に通す。

「教室で一緒に着替えてたら、怪しく思われちゃうじゃん」

「怪しいってたとえば何だよ」

からかう様な口調の彼に振り返ったら、ニヤニヤしながら頬杖をついていた。


「とろいなー、早く着替えろって」

「わかってるよ」

「手伝ってやろっか」

下半身は、まだスカートだけ。ジャージを穿こうとしたら、浅野君は私の手から取り上げて、両脚を入れさせて穿かせてくれた。

「エロっ。パンツ見えてる」

浅野君は悪ガキらしさを出して茶化してきた。

「下から覗くからじゃん。オヤジみたい」

ぷいっとすると、
「誰だ、そんなオヤジ」
と言われて、ドキっとした。
義父のつもりで言ったのではなかったが、義父の顔が浮かんでしまう。


私の表情が変わったのを見たのか、浅野君が後ろから私を抱きしめた。


「何…こんなとこでエッチなんてしないから…」

精一杯余裕ぶって言ったら、浅野君が苦笑した。


「どこならエッチしてくれんの」

「え…」

「朝、ごめんな。外で…止まんなくて。嫌な思いした場所で…ごめん」


殊勝な態度で謝る浅野君に、胸がざわつく。

「……いーよ、べつに…」


強引にされて、意地悪されて、最後は謝られて。
そんな奴なのに、胸が切なくきゅんとしてしまうのは、私が変態だからかもしれない。

同じテーマの記事

  • 332日前
  • 322日前
  • 233日前
  • 223日前

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 474 / 読者数 2563

  2. 2

    MyhoneyCin...

    4時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 16904 / 読者数 3961

  1. 3

  2. 4

    まいこ

    記事数 308 / 読者数 1225

関連するブログ記事

  1. 51

    10/16

    嘘つきで、エッチばっかりの浅野君。私もしたいから、浅野君...

    Fictions

    • 124
    • 0
  2. 「何考えとるとや!!💢黙っててもわからんやろうが!!」...

  1. 37

    10/14

    制服を着て、鞄を抱きしめながら階段を下りて行くと、玄関先で浅...

    Fictions

    • 132
    • 0
  2. 4

    10/02

    オナ…「最低」「へへっ。おれが言ってんじゃねー...

    Fictions

    • 121
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/27 編集部Pick up!!

  1. 「邪魔」発言で夫を傷付けた妻
  2. 不倫に浮かれてしまい情けない
  3. 親切にされても感謝しない子連れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3