Hypnotic

17歳の寄り道。

  • 記事数 248
  • 読者 1669
  • 昨日のアクセス数 2494

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/15 16:58:40

  • 117
  • 0

「…うわっ、びびった。碧かよ」

両手でブラジャーを隠したが、浅野君だったので、ちょっとほっとした。

「遅れたら藤田先生に怒られちゃうよ」

「それなら碧もだろ」

浅野君は教室を出ることなく、自席で着替えを始める。
その姿を見ていたら、「早く着替えろよ」と言われた。


彼はすぐに着替え終わり、まだ上半身ブラジャー姿でいる私の前まで来て椅子に座った。

「近くで見ないで」

浅野君の無遠慮な視線に恥ずかしくなって、背中を向けて体操着を頭に通す。

「教室で一緒に着替えてたら、怪しく思われちゃうじゃん」

「怪しいってたとえば何だよ」

からかう様な口調の彼に振り返ったら、ニヤニヤしながら頬杖をついていた。


「とろいなー、早く着替えろって」

「わかってるよ」

「手伝ってやろっか」

下半身は、まだスカートだけ。ジャージを穿こうとしたら、浅野君は私の手から取り上げて、両脚を入れさせて穿かせてくれた。

「エロっ。パンツ見えてる」

浅野君は悪ガキらしさを出して茶化してきた。

「下から覗くからじゃん。オヤジみたい」

ぷいっとすると、
「誰だ、そんなオヤジ」
と言われて、ドキっとした。
義父のつもりで言ったのではなかったが、義父の顔が浮かんでしまう。


私の表情が変わったのを見たのか、浅野君が後ろから私を抱きしめた。


「何…こんなとこでエッチなんてしないから…」

精一杯余裕ぶって言ったら、浅野君が苦笑した。


「どこならエッチしてくれんの」

「え…」

「朝、ごめんな。外で…止まんなくて。嫌な思いした場所で…ごめん」


殊勝な態度で謝る浅野君に、胸がざわつく。

「……いーよ、べつに…」


強引にされて、意地悪されて、最後は謝られて。
そんな奴なのに、胸が切なくきゅんとしてしまうのは、私が変態だからかもしれない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 32

    10/13

    私のお尻の谷間に、浅野君のものが当たり擦れている。「あ…...

    Hypnotic

    • 113
    • 0
  2. 17

    10/06

    翌朝になる。スカートのプリーツにアイロンを当て、きれいに...

    Hypnotic

    • 105
    • 0
  1. そう言いながらも浅野は、2年になってすぐ天文部に入った。根...

    Hypnotic

    • 141
    • 2
  2. 83

    10/23

    部活が終わって、下校することになった。村上先生は、副部長が...

    Hypnotic

    • 148
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 離婚で義姉の子引取れと言われる
  2. 告白してきた男性の会社を調べた
  3. 郵便局で感動した2歳児の行動

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3