七色の恋~赤い糸、結びました

ナナコの恋の物語

  • 記事数 48
  • 読者 2047
  • 昨日のアクセス数 59

orange17*風

しおりをはさむ

2016/10/15 16:20:39

  • 99

運動場の隅っこで

初めてダイと一対一になり

私は脳内パニックを

起こしていた。



な、何を話せばっ?!



さっきまで

どうやって話してたっけ?



そ、そっか。

キイちゃんがいたから

話題に困らなかったんだ。



ダイは運動場の真ん中に

視線を向けたままで

静かに口を開いた。



「……ナナは彼氏いないの?」



「いないよ」



今まで一度もいないって

言ったら引かれちゃうかな。



「そっか」



ダイが嬉しそうに

笑顔を私に向けた。



「彼氏がいたらメル友探したりしないよ」



「そうだよな」



ダイは?とは聞けなくて

心臓がドクドクと脈打つ。



次の言葉が見つからなくて

風で落ちた後れ毛を

そっと耳に掛けた。









tbc

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 25歳

    2015/06/21

    0時まわったぐらいにダイさんがお店に来た何を話した...

  2. 遊覧船を降りたあとは、また浜辺を散歩したり、砂浜で海を眺めた...

  1. 封印。6

    2014/10/07

    「一回だけデートしてくれない?」ダイがそう言った。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/23 編集部Pick up!!

  1. 年に数回無性に食べたくなる菓子
  2. 昼間に叫びながら歩く若い女性
  3. 息子の友達の食費が家計を圧迫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3