ブログランキング23

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1231
  • 読者 1323
  • 昨日のアクセス数 19090

788 パフパフ

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/10/15 16:10:26

  • 123
  • 0

車を取りに行くとか行かないとか、私としては面倒で、誰か代わってくれないかと。
永遠は早々に出かけてしまった。
荷物からして大学だとは思う。

瞳子、そうだ瞳子と思っていたら本人が部屋に入ってきた。

『ね、洋平、今日、靴磨いといたよ。
それとね、しのぶ、これ履かない?』

見せたのは先日買ったばかりの白のコンバース。

『なんで、履かないの?』

『うん、今日履こうと思ったんだけど、なんかね、少しかかとが当たるんよ。きつくはないんだけど、私のかかとが変なのかな。』

『瞳子のかかとの形は金槌みたいなんじゃないの。』

『なによ、それ。いらないならあげないもん。』

『いいよ、履くよ。私の足は普通だから。』

足の大きさがほぼ同じになって、都合がいい時と悪い時と。

『ねえ、靴、綺麗にしといたんだけど。』

『なんだ、出かけるのか?』

『うん、友だちと約束してるの。』

そう言うことか。で、財布を開けた洋平が顔をしかめた。そして逆さにする。

『からだわ。』

ひらりと落ちるピンクの紙切れ。

『なにこれ、
タマキって、誰?ね、洋平、だれ?タマキって。』

あ〜らら、あらら、まだあったのね〜

『なんだろうな、覚えがないわ』

な〜んてしらばっくれちゃって。

『しのぶ、ちょっと貸してくれ。』

そうだよね、これでおこづかいあげなかったらなに言われるかな。
財布を渡したら諭吉が旅に出た。
友だちと約束、洋平、振られたね。と言うことは私が行くのかな。

ま、いいか。
しばらくコタを抱いて、その匂いを目一杯嗅いで、それから出かけた。

行った場所は、なんの愛想もない灰色の街。
その場所から少し歩いたら、夜になれば別の世界が広がるなんて思えないほどの街並み。
それでもどこにでもあるのがコンビニ。
そこからでてきたひとりの人が、洋平を見て声をあげた。

『あ"ーーー』

洋平も

『おう!』

『やあだぁ、会っちゃった。』

『なんだ、近いのか家。』

『近いもなにも‥‥‥‥‥‥』

『そうさな、タクシー代、渡したよな。』

『チェ、ばれちゃった。
う、で、その人だれ?』

洋平の隣の私を顎で指す。

『これか、これは俺の奥さんだ。』

私を上から下まで見下ろして見上げると

『ども。』

そう言って頭をぴょこんと動かした。
だから私も

『ども。』

もしかしてこの子がアキナ?ドピンクのスェット上下、歩けばパフパフと音がするサンダル。
無造作に纏めた髪。
艶のない顔色。まだ若いのだろうけど、寝起きなのか生気がない。

どうも、だいぶお疲れのようだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 家に行くたび、「必需品がない!」「あと一個だ!」な...

  2. 「ヒトノリン」ってなに?「ひとのみち」だよえ?漢字、...

  1. 道弘と明日会う約束をして道弘は帰った。道弘となにをそ...

  2. 片付けが終わって、今夜は早く寝なさいとは言われないのに、みん...

    しのぶ

    • 182
    • 10

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. 「私は人妻」とアピールする友人
  2. 友人の子1歳が常に無表情で怖い
  3. 元夫とやり直して同居始まったが

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3