*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 141
  • 読者 34
  • 昨日のアクセス数 130

花嫁と祓魔の騎士 11

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/10/15 18:00:16

  • 3
  • 0

小さな体で、
私を守ってくれる。

全力で、
大切に
想ってくれている。

それなのに、
私は素直に応えられない………


本当は、
あなたに、
甘えてしまいたいのーーーーーーーーーー。









花嫁と祓魔の騎士 11




ゆっくりと唇を離したハルは、
熱のこもった、
でもどこか哀しそうな顔をしていた。

ゆっくりと、
私の目に、
頬に、
首に、
鎖骨に…
唇を当てながら、下へと下がっていく。


ハルの、
行動とは裏腹な優しい触れ方に
私はどんどん身体が熱くなってくる。


とうとう、私の胸が露わになった。



私は、羞恥心で涙が出そうになる。



誰にも触れられた事のない、

誰にも見せた事のない、

大悪魔メフィストの忌々しいアザのある

私の胸…




ハルは、アザの部分を手でなぞると、
その上に強く吸い付いてきた。


「いたっ…!ンンッ!!あっ…!!」




キスマークを残した後、
ハルは迷いもせず、
私の乳首を口に含んだーーーーーーーー。




続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ※このお話は、lala11月号の連載作品に沿って作っておりま...

  2. 「あしたでてすとおわりだ」「まおがんばれ」「すう...

  1. 愛しいそんな感情を抱いたのは、一体いつからなのかーー...

  2. 雨の中泣いている小さな子供。まるで、昔の自分自身かと思...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. ツッコミどころ満載の言葉たち
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3