ブログランキング11

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 161
  • 読者 1125
  • 昨日のアクセス数 29797

2016/10/15 13:50:52

  • 82
  • 0

「ケツ向けて、すぐ済むから」

「えっ…」

ベンチに手をつくように言われ、従うと、浅野君が後ろから、私のお尻を左右に開き、ひくひくとまだ痙攣しているピンクのひだをこじ開けた。

そこに浅野君の熱いものを往復させて、粘液を纏ったと思ったら、一気に貫かれてバランスを崩す。

「ひっ…ん!」

ズブゥと奥まで浅野君が来て、石のベンチに伏せた。
浅野君は長いストロークで、私に腰を打ちつける。

「んうっ、んっ、んんっ…」

「すげ、締めてる」

膝までパンティーが下がり、お尻を突き出して浅野君を迎えて。
痛いけれど、堪らない快感だった。


段々、彼の律動はスピードを増し、私の声も大きくなったが、浅野君はすぐ指を舐めさせてきた。

そうして声を塞がれながら、浅野君は最後に大きく一突きすると、「うっ」と呻いて私から離れた。


ぽたぽたっ、ぼとっ。


音がした方を見ると、土の上に白濁した液が撒かれていた。
はーっ、はーっと浅野君も息を切らしている。

私は僅かな理性でスカートを下ろし、パンティーを上げた。
ぐちゅぐちゅで気持ち悪い…

「もう血は出てねぇな…」

浅野君は、自分のものを観察した後、ズボンを上げてベルトをしていた。
あそこを洗いたいし、せめて拭きたいけど…

「浅野君、早くトイレいきたい…パンツの中気持ちわるいよ…」

「そうだな。じゃあ…学校行くか」

「ん…」

二人で公園を出た。
深い茂みだし、声は聞こえても、さっきのセックスが誰かに見られていたことはなかったはずだ。

両手で鞄を持っていると、浅野君が片手を出した。
それが、「手を繋ごう」の意味だということを、しばらくわからなかった。

「???」

「嫌なのかよ。東野に見られたくねぇんだろ」

「何を?」

「チッ」

浅野君は機嫌悪そうに舌打ちし、私の前を歩いた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 遅刻・欠勤の連絡を妻にさせる夫
  2. 彼30代がケチで結婚指輪が1万円
  3. 結婚式に乳児を連れて行くか悩む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3