ブログランキング82

コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…ショートストーリー執筆中♪

  • 記事数 2529
  • 読者 141
  • 昨日のアクセス数 3618

好きな人 ⇒ 愛しい人…SS⑳

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/10/16 08:14:00

  • 9
  • 0

………









日曜は
家でのんびり過ごし


休日は
あっという間に過ぎていく


……



月曜になって
悠と一緒に出社…


でも仕事が始まれば
話すことはいっさいない


悠の忙しさを横目で見ながら
仕事に集中


忙しくて
お昼も食べられない
悠の為にお弁当を作った


少しでも食べて
くれたらいいけど


おかずも入れ
食べやすいように
おにぎりにしておいた



お昼休みに


夕莉ちゃんと
社食でお昼をとる


「あら、美空お弁当?」


「うん…悠のもお弁当にしたから
ついでにね?」



「休み中にいい事でもあったの?
すっきりした顔してるし…」


「うん。夕莉ちゃんの
言うとおり押しかけたのが
良かったみたい…ありがとう~♪」


「えっ?実行したの?」


夕莉ちゃんが
食べてる手を止めた


「そうだよ?」


私が首を傾げながら
夕莉ちゃんを見た


「イイよ!その調子だよ~
美空!」


夕莉ちゃんは
また食べ始めた


「夕莉ちゃんにもう一つご報告が…」


やはり言っておいた方が
いいよね?


夕莉ちゃんのおかげなんだから


「えーっと…あのね…
今ね…悠のアパートにいるの。」


ポロっと

夕莉ちゃんが箸を落として


「そこまで?」


「えっ?
まずかった?」


「同棲してるの?」


「ずっとじゃないの…
悠が忙しい間だけ。
食事もちゃんとしてないし
洗い物も溜まってたし…」


ホッとした顔をした夕莉


「美空、驚いたよ?
それって美空から言ったの?」


「違う…悠からお願いされて…」


「そうか?そうだよね?
うん、うん…」


夕莉は勝手に一人で
納得してる


美空はそれが不思議に思った


「暫くはラブラブな毎日なんだね?」


かぁ…


「そ、そんなことないよ?
平日は仕事してるし、
帰りは遅いから…」


「美空?言い訳しなくて
大丈夫。一緒にいるなら
安心だよ…」


夕莉ちゃんと私は
その後、お昼を食べ終えて
それぞれの課へ戻った…













………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 出産予定日を過ぎてプレッシャー
  2. 好きな男性の家に女物が増えてた
  3. 子叱る際「ママのせい」にする夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3