ブログランキング31

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1634
  • 読者 2411
  • 昨日のアクセス数 8334

小説)女心と空模様4

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/15 11:04:10

  • 110
  • 3

振り向いた先に、背の高い男。

「え!鬼軍曹!」

しまった……ついでてしまった。口元を押さえる。
「ふ…酷い言われようだな…」
「すいません…」
部長は少しだけはにかむと、デスクにどかりと腰かけた。企画書に目を通す。

これで、OKが出ますように…

祈るように部長を見る。1枚1枚紙をめくっていく指が妙に色っぽく感じた。

確かにかっこいいよね…
ほんとに軍服とか似合いそうだし
口は悪いけど…悪い人じゃない……
何…考えてるんだろ私は!

その気持ちを打ち消すように、頭を左右に振る。
「何…百面相してんだ?」
「な……なんでもないです!」
手に持っていた企画書をデスクに静かに置いた。

ダメ?やっぱりやり直し?

「うん、良くできてる、頑張ったな!」
部長の口角がクッと上がった。
「ほんとですか?!あー良かったぁ…」
胸を撫で下ろす。
「これ来月の企画会議に出すぞ!プレゼン頑張れよ!」
「え…え…会議……プレゼン……ほんとですか?」
企画部に配属されて以来、初めてのことだった。何度か企画書を出したこともある。でも、すべて鬼軍曹に弾かれていた。
「今回の企画は視点もいいし、直せばものになると思っていた。それなのに、お前は直さねーし……」
「……すいません」
「まぁ、いいものが出来たんだ…ヨシとするか」
「……ありがとうございます」
「さぁ、終わったし…帰るぞ…」
「え?部長…仕事残ってたんじゃ…」
企画書を手にとると、鬼軍曹は柔らかな顔になった。
「早く直したものが見たかっただけ…」
立ち上がると、鞄を手に取り、私の横を通り抜けた。その背中を見送る。

私のため……?

胸の奥で小さな音がした気がした。

離れたはずの背中がピタリと止まった。そのまま私に振り返る。
「お前、メシ食ったのか?」
「え…まだです」
「頑張ったご褒美やるから、さっさと来い!」
「…………は、はい!」
私は鞄を手に取り、鬼軍曹を追いかけた。

同じテーマの記事

コメント3

しおりをはさむ

  1. コマチさん(43歳)ID:5591443・11/14

    ほれてまうやろ~!

  2. ゆりさん(83歳)ID:5415440・10/15

    尾仁 郡聡 オニグンソウさん(笑)
    絶対かっこいい⤴︎⤴︎⤴︎
    私の中では早速ですが、佐藤浩市さんです(笑)

  3. スージーさん(48歳)ID:5411449・10/15

    この先のワクワクが止まりません😆💕

関連するブログ記事

  1. ヨシの動きをじっと見る。少しずつ露になっていくその体。筋肉質...

  2. ………午後から仕事に集中して優...

  1. あーどうしよう…… 月曜日、重い気分で出社。 ...

  2. 邪魔

    01/23

    『あのー、入っていっすか?』律儀に言われた通り飲み物を買...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3