*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 141
  • 読者 34
  • 昨日のアクセス数 128

花嫁と祓魔の騎士 ⑨

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/10/15 07:16:35

  • 3
  • 0

バタン!



「きゃっ…!い、痛…!
ンッ…!?」




部屋の壁に押し付けられて、

息が出来ないくらい

口付けされているのに気付いた時は、

悪魔とは違う恐怖を感じていたーーーーーーーー











花嫁と祓魔の騎士 ⑨



「ハッ…ァッ…、ハル、どうしたの、何を怒って…」

口付けされた後、
すぐにベッドに連れて行かれた私は、
また手首に枷を付けられて、
腕が動かせなくなっていた。


ハルの眼は、
時折私を金縛りにさせる。


鋭い獣の様な眼に、
私は囚われて動けなくなる。



ハルは返事をしない。
何かに追い詰められるかの様に、
私の服を脱がしていった。



続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ドアを開けると、ハルは何も言わないで私を強く抱きしめた...

  2. ハルくんの後ろを歩きながら私『ハルくん早起きだね〜〜』...

  1. だから、違うって!はー。朝...

  2. この日もハルは塾まで迎えに来てくれた。私が受験生だから...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3