もう1人好きな人

  • 記事数 219
  • 読者 49
  • 昨日のアクセス数 558

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/10/15 00:58:31

  • 5
  • 0

彼のクラスの支援の子が
今日は来れた。

私が対応に行く。

途中から彼が来た。

今日の給食は鮭のグラタンだった。
生鮭のはずが、塩鮭だったようで
少し塩気が強くなった。
でも、食べられないまでではなく
ちょっと濃いめの味付け程度だった。

自分の中で、次回からはもう少し塩分を減らせる、と反省していたところだった。

彼は
支援の子の前で

「今日はすっごくしょっぱかった。
僕は薄味が好きなんだよね。
しょっぱいもの食べると調子が悪くなる。
だから、家でも薄味のものを選んで食べるようにしているんだよね。」

と言った。

すごくショックだった。

支援の子の前で言うことなの…?

私は笑うのが精一杯で、

子どもの前でもあったから

彼の顔を見ながら、冗談交じりで
『すいませんでしたね〜っ!』
と言い
その場を立ち去った。


職員室に戻ってもムシャクシャが収まらなかった。
仲のいい、女の職員に怒りをぶち撒けると
みんなが
「何それーっ!
信じられない。テメーの分給食から差し引いてやるから、愛妻弁当でも食ってろ、ボケっ!!
って言ってやりな!
ローズ先生が優しいから、あいつ、調子に乗ってるんだよ。
いつも見てれば、ローズ先生のいる所にくっ付いて話しかけてさ、
ローズ先生優しいから笑ってるけど、
本当は迷惑してんだよって気付け!ってかんじだね。」

そう言われて
スッキリした気持ちと
学校で仲良しだと思われていることに
ちょっと、ヤバイな、
って思った。

暫く学校では近づかない方が良いかな…

そのあと

彼は私に話しかけようとしたが

知らぬそぶりで立ち去った。

今日は会う約束のはずだった。

彼は先に学校を出たが
メールが無かった。

メールするか迷った。

でも、モヤモヤするから

今日は無理なのですか?

と送ると

いつものところにいますね。

と返ってきた。


メールが無かったので…

とだけ打ち、

不満の気持ちが溢れる中で
取り敢えず向かう。

着くと、
何時ものように後部座席のドアが開き
微笑む彼がいた。


私は笑うことが出来ず

彼の車に乗り込むと

彼に向かって

『今日は、スゴくショックだった。』
と言った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. ママ友からLINEで絶縁宣言された
  2. いきなりキスされイケメン不信に
  3. 彼「ダメンズ」にしてしまう女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3