ブログランキング83

Hypnotic

17歳の寄り道。

  • 記事数 243
  • 読者 1680
  • 昨日のアクセス数 3580

テーマ:小説 > ホラー

2016/10/14 23:12:53

  • 100
  • 0

その夜。母が凛太を寝かしつけている間に、お風呂に入った。
少し沁みるが、悶えるほどではない。

中途半端だったけど、処女じゃなくなったんだなぁ…と湯船につかりながら想いに耽った。

結愛ちゃんの存在が気になるが、浅野君に正体を聞く勇気も持てない。
いつのまにか私を呼び捨てにしている浅野君。
挿れた女は自分のものって思ってるんじゃないだろうな…


考えても答えは出ないので、諦めてお風呂からあがることにした。
母に、入部届を書いてもらわないと…と考えるが、入部しちゃったら浅野君と顔合わせる機会が増えちゃうんだよね…。

義父と離れたくて、入部しようと思っていたが、私の被害妄想だった気にもなってきて。

んー。んー…

タオルで体の水滴をふき取りながら思案する。

村上先生にも、部長にも、入るって言っちゃったし。
何かが変わるかもしんないから、入ってみよう!


ドライヤーで髪を乾かして居間まで行くと、母はまだ寝室から戻ってきていなくて、義父がソファに座って報道番組を見ていた。

「…お母さんは?」

「凛太を寝かしつけて、一緒に寝ちゃったみたいだね」

「そっか…」

じゃあ…入部届、義父に頼んでみようかな。
居間の脇に置いてあった鞄から用紙を出し、義父の隣に腰を下ろす。

「お義父さん、私天文部に入りたいんだけど、保護者名の記入と捺印がいるの」

用紙を渡して内容に目を通してもらう。

「碧ちゃん星好きだったっけ?」
義父はペンを取り、少し含みを持たせて微笑んだ。

「…ちょっと興味あって…」

「へえ。男の子に?」

男の子?

話の流れにズレを感じながら義父を見ると、にっこりと笑いながら言った。


「下着、随分汚れてたね。碧ちゃんもそんな事する歳になったんだなと思ったよ」

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私が家に戻った時には、もう義父の姿はなかった。遠方にある実...

    Hypnotic

    • 200
    • 0
  2. 「先生、遥に連絡したい…」「俺からはしておいたよ。始発で...

    Hypnotic

    • 161
    • 0
  1. 67

    10/19

    程無くして、凛太と母が帰ってきた。「急いでご飯作るからね...

    Hypnotic

    • 126
    • 0
  2. 16

    10/06

    さっきシャワーを浴びたが、また普通にお風呂に入る。考えて...

    Hypnotic

    • 111
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 夫が2人目望まずショック受けた
  2. 子の名づけで夫が「結晶」と提案
  3. 夜に風呂入らない友人に疑問抱く

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3