ブログランキング11

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 161
  • 読者 1110
  • 昨日のアクセス数 29797

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/14 21:20:12

  • 87
  • 0

制服を着て、鞄を抱きしめながら階段を下りて行くと、玄関先で浅野君とさっきの女の子がいて、私に注意を向けた。


「碧、帰んの?送る」


浅野君はシャツとトランクス姿…
結愛ちゃんは浅野君の隣で、神妙な顔で私を見つめている。


「いいよ、ひとりで帰るから…」


これ以上惨めな思いしたくないよ。
まだあそこも変だし、なんか泣きたい気分なんだもん。
浅野君の前で泣きたくないし、お母さん心配してるし…

そう頭に浮かべながら二人の顔を見ないようにして、靴を履き、重いドアを開けて出た。


車庫前に無造作に置かれている、私の白い自転車の鍵はついたまま。
浅野君が着替え完了する前に、漕ぎださなきゃ。

えいっとサドルに跨り、足で前輪にあるライトのスイッチを点け、夜道を進み出した。
ちょっと痛いから立ち漕ぎにした。


後ろから浅野君の声がしたけど、知らない。
言い訳は今日は聞かない。


泣きたい。惨め。恥ずかしい。穴があったら入りたい。
あんなとこ触られて、浅野君のあんなとこ見ちゃって。
浅野君と繋がっちゃって…

でも、たぶん、私はもう大好きになってしまってて。
私の中に、浅野君が刻まれてる。





混乱する頭は冷えないまま、家に着いたら、母にがっつり怒られた。

「遅くなるなら連絡しなさい!最近物騒な事件も起こってるんだから、危ないでしょう!」

「ごめんなさい…」

怖い顔をしている母に、義父が口を開いた。

「まあまあ、碧ちゃん。ごはん食べなさい。年頃だし、いろいろあるんだよな。ちゃんとわかってるよ。碧ちゃんは、お母さんに迷惑かけないようにって、過ごしているよ」


義父がそう取りなしてくれて母のお説教は中断になり、夕食にありつく事が出来た。

そして、義父の言葉に、避け続けていることを少し申し訳なく感じた。

義父との間に時折感じる、性を匂わせる気まずい空気は、自意識過剰だったのだな…と反省したのだが。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 不倫している30代半ば独女とご飯
  2. パーティ不参加でゲキ切れされる
  3. 無償で専業主婦するのは変と思う

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3