夫と生きた20年間の思い出

  • 記事数 23
  • 読者 36
  • 昨日のアクセス数 10

episode〜3〜

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 初心者

2016/10/14 15:44:54

  • 8

14歳。だいぶ異性を意識し始めた頃。


奏と2人で話していると
周りから冷やかされ
お互い恥ずかしくなって
遊ばなくなった。



15歳。
たまたま…
本当にたまたま帰る時に
一緒になった。

周りには誰もいなくて
久しぶりに2人で話した。



奏は変わってなかった。



やっぱり好きだった。


でも自分の気持ちを伝える事は
出来なかった。



15歳。バレンタインデー。

友達に言われ
私は勇気を出してチョコを渡した。
もう…卒業だから…

後悔しないように

『好きです。付き合ってください。』

と伝えた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. ………もしかして好きなのって感じたのは...

  2. 「私、やっぱり松浦の事、好きなんだよね。」「うん。知って...

  1. 15才

    2015/03/26

    冬休みが終わるといよいよ受験真っ只中。地元の進学校に決...

  2. 忘れもしない日。 それはあっという間に過ぎて...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 買い物カゴに私物を入れていたら
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3