夫と生きた20年間の思い出

  • 記事数 23
  • 読者 34
  • 昨日のアクセス数 8

episode〜3〜

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 初心者

2016/10/14 15:44:54

  • 8

14歳。だいぶ異性を意識し始めた頃。


奏と2人で話していると
周りから冷やかされ
お互い恥ずかしくなって
遊ばなくなった。



15歳。
たまたま…
本当にたまたま帰る時に
一緒になった。

周りには誰もいなくて
久しぶりに2人で話した。



奏は変わってなかった。



やっぱり好きだった。


でも自分の気持ちを伝える事は
出来なかった。



15歳。バレンタインデー。

友達に言われ
私は勇気を出してチョコを渡した。
もう…卒業だから…

後悔しないように

『好きです。付き合ってください。』

と伝えた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. それからも北川くんとは部活終わりに一緒に帰ったりして仲良...

  2. 忘れもしない日。 それはあっという間に過ぎて...

  1. ………もしかして好きなのって感じたのは...

  2. 314。

    2016/04/26

    どうして、大杉先生にチケットなんて渡しちゃったんだろう。...

    流転

    • 174
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3