リョウちゃんへ

そろそろ忘れたいから、最期に振り返るためのブログ

  • 記事数 141
  • 読者 332
  • 昨日のアクセス数 49

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/10/14 15:12:10

  • 20
  • 0

翌日もバイトだった。

その日は、
サカモトと休憩がかぶらなかった。

私はひとり休憩で、

休憩室でぼけーっと
これからどうなるんだろ…
なんて考えていると、

仕事の合間にサカモトが入ってきた。

「今日さ、コカドから
一緒に帰ろうって言われると思う。

なんでかわかるよな?

話が終わったら、
会社に戻ってきて欲しいんだ。

俺、どんなに遅くなっても、
待ってるから。」

そこから、
コカドくんに角が立たずに
諦めてもらう言い分を考えた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. I think i did something really...

  2. ある日の夜の勤務。私が責任者側、狩野さんは作業者側だった...

  1. USJから帰ってきて数日は無職だった。前勤めてたところは...

  2. 「コカドのこと、どう思う?」ある日の休憩中、サカモトが...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 結婚予定だが会話ほとんど無い
  2. 妊婦が「母子手帳ってなに?」
  3. 上の子可愛くない症候群で苛々

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3