リョウちゃんへ

そろそろ忘れたいから、最期に振り返るためのブログ

  • 記事数 142
  • 読者 326
  • 昨日のアクセス数 55

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/10/14 10:29:58

  • 20
  • 0

「コカドのこと、どう思う?」

ある日の休憩中、
サカモトが突然聞いてきた。

女の勘が働いた。

これは、
コカドくんに気を持たせるような
回答をしてはいけない。

コカドくんは同い年のバイト。
すごくいい子だけど、恋愛対象ではない。

コカドくんをできるだけ傷つけず、
今後も円滑に仕事が進められるように

脳みそをフル回転させて、
コカドくんに諦めてもらう言い分を考えた。

「コカドくん、優しいですよね。

たまに空気読めてないし、
抜けてるところがありますけど。

まぁ、そこが場を和ませてくれたりも
するんですけどね。」

かるーく悪口を入れて、
やんわりとコカドくんは無理という
メッセージを込めた。

サカモトは、
相手の真意を見抜くことに
ずば抜けているから、

あとはうまくコカドくんに
伝えてくれるだろうと思った。


この翌日のことなんて、
まだ私は予想できてなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 翌日もバイトだった。その日は、サカモトと休憩がかぶらな...

  2. もう、ばっさり振られた!とはいえ、そんなに簡単に諦められ...

  1. とりあえずサクラにはサエコには私に一緒に食べても良いかを聞...

  2. 番号

    2015/11/07

    もう、すっかり気持ちは落ちていた。私には無理、、、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/21 編集部Pick up!!

  1. あり得ない発言する義叔母が苦手
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3