リョウちゃんへ

そろそろ忘れたいから、最期に振り返るためのブログ

  • 記事数 176
  • 読者 461
  • 昨日のアクセス数 123

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/10/14 10:29:58

  • 33
  • 0

「コカドのこと、どう思う?」

ある日の休憩中、
サカモトが突然聞いてきた。

女の勘が働いた。

これは、
コカドくんに気を持たせるような
回答をしてはいけない。

コカドくんは同い年のバイト。
すごくいい子だけど、恋愛対象ではない。

コカドくんをできるだけ傷つけず、
今後も円滑に仕事が進められるように

脳みそをフル回転させて、
コカドくんに諦めてもらう言い分を考えた。

「コカドくん、優しいですよね。

たまに空気読めてないし、
抜けてるところがありますけど。

まぁ、そこが場を和ませてくれたりも
するんですけどね。」

かるーく悪口を入れて、
やんわりとコカドくんは無理という
メッセージを込めた。

サカモトは、
相手の真意を見抜くことに
ずば抜けているから、

あとはうまくコカドくんに
伝えてくれるだろうと思った。


この翌日のことなんて、
まだ私は予想できてなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ある日の夜の勤務。私が責任者側、狩野さんは作業者側だった...

  2. その日の夜はトモから電話があった。電話越しの父親との会話に...

  1. 私のバイト先は和の居酒屋だったけど割と上品な居酒屋さんで金持...

  2. 174

    11/29

    ある日、同じフロアにある、系列店の紅茶屋さんの店長が、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3