ナオブロ

恋愛ー片思い両思い♡

  • 記事数 143
  • 読者 46
  • 昨日のアクセス数 25

2016/10/14 09:50:17

  • 15

え、、、、、



どうしよう、、、



そう思いながらも、
繋いだ手を離せなかった。



2人きりでは手を繋いでも
知ってる人に見られるのは
本当恥ずかしい…



たぶん… しおり達が後ろにいるだろう
明日噂になるよね

怖くて後ろを振り返らなかった。



リュウ君ちに着くと、
またみんなでゴロゴロしたりお喋りしたり、
花火楽しかったねとか、今度は何して遊ぼうとか、色々話した。


みんなといると、嫌なことは全部忘れた。



夕方になったので、私は帰ることに…
いつもなら家のそばまで送ってくれるミチが
今日はまた先輩と約束してるらしく、
途中までしか送ってくれなかった。


家まで来てくれないことよりも、
先輩とまた遊ぶことのが心配だった。



帰り道、


『ナオって、2人でいるときと、みんながいる時と変わるよね』



「どこらへんが?」



『2人でいるときは、積極的』



「もぉ〜 ♡みんなそうだよ」


そんなラブラブな会話をして
あっという間に分かれ道に来た。



心配で

「遅くまで遊びすぎないでよ」

って伝えて、抱きついた。



『わかってるよ…』



そう言ってギュって身体を締め付けられた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/22 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3