First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 232
  • 昨日のアクセス数 79

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/15 18:40:29

  • 39
  • 0

話が進まないので、その日は

「お互いに冷静に考えよう」ということに

して、帰った。

帰ってあずさ先輩に報告すると…

「あのさ…結婚してるわけじゃないんだ

から、一方が別れたいって言ったら

それで成立するのが普通だよ。

冷静に考えるも何も……」と呆れていた。


確かに冷静に考えても…

私の気持ちは変わらない。

マサが必死になればなるほど、自分の

気持ちが遠のいていくのがわかった。

あずさ先輩が言う。

『マサの好きなところと嫌いなところを

あげてごらん。』

んー……


嫌いなところはぁー

優しくないところ、ケチなところ、

頑固で思い込みが激しいところ…


と、出てくる、出てくる‼︎


それに対して好きなところは…


うーん、、あ!顔かな(笑)

そうだ、私はマサの顔に惹かれて好きに

なっただけなんだ。

だからこんなにあっけなく心変わりするんだ。

そうそう、前を向こう!

マサの言った「ミユと付き合えるのは

俺だけ」という言葉は引っかかったけど。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 高校62

    2016/04/12

    『恥ずかしいんですけど……そんな見られると』私。『やっと...

  2. 高校49

    2016/04/10

    『俺…と?二人?何で…?』マサ先輩。『そうです』私。...

  1. 『子どものこと………引っかかる?』ミツ先輩。『引っかから...

  2. 『マサさん…来たよ』私。『はーい…』マサさん。まだ拗ねて...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/24 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. ハァハァ言いながらリビング這う

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3