First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 217
  • 昨日のアクセス数 23

切り出す

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/15 13:04:23

  • 45
  • 0

マサが来た。

私にも全く情が無いわけではない。

ドキドキした思い出も、楽しかった

思い出も…たくさんある。

ありがとうという感謝の気持ちも。

でも…もうこれ以上この人と一緒には

いられない。


勇気を出して言った。

「マサ、私たちもう無理だと思うの。

別れて下さい」


マサは、最初は黙っていたけれど

「バイト先のチャラチャラしたやつの

せいだな…」と勝手に決めつけ、ため息

をついた。

「俺、ミユがバイトしたいって言ったときに

全力で反対すればよかったってものすごく

後悔してる」


「急に別れたいなんてそんなこと言われても

納得できない。もう一度ちゃんと向き合って

いこう!」

「ミユと付き合っていけるのは俺しかいない」

などと言い、納得しないの一点張りだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. マサくん、ビックリしてたけどまたスイッチ入ったらしく…。...

  2. 心の変化

    2016/10/15

    気持ちはどんどん悪い方向に引っ張られていってしまった。...

  1. バイト

    2015/02/18

    バイトは大学に近いってこともあって、同じ大学の子たちが多かっ...

  2. まずはバイトをどうにかしなくてはと思った。傷つけておい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3