First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 237
  • 昨日のアクセス数 46

切り出す

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/15 13:04:23

  • 45
  • 0

マサが来た。

私にも全く情が無いわけではない。

ドキドキした思い出も、楽しかった

思い出も…たくさんある。

ありがとうという感謝の気持ちも。

でも…もうこれ以上この人と一緒には

いられない。


勇気を出して言った。

「マサ、私たちもう無理だと思うの。

別れて下さい」


マサは、最初は黙っていたけれど

「バイト先のチャラチャラしたやつの

せいだな…」と勝手に決めつけ、ため息

をついた。

「俺、ミユがバイトしたいって言ったときに

全力で反対すればよかったってものすごく

後悔してる」


「急に別れたいなんてそんなこと言われても

納得できない。もう一度ちゃんと向き合って

いこう!」

「ミユと付き合っていけるのは俺しかいない」

などと言い、納得しないの一点張りだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. マサはバイトを心から楽しんでいた。チェーン店の居酒屋さん...

  2. 気持ちはどんどん悪い方向に引っ張られていってしまった。...

  1. 私はエッチが嫌いだった。ただ裸で抱き合うのは好きだったけ...

  2. マサと会った。マサが給料明細を見せてくれる。『俺、こ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/28 編集部Pick up!!

  1. 化粧しない女性は非常識なのか
  2. 義父から「子宮取っちゃえば」
  3. 37歳の子持ち女性が好きな高校生

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3