First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 237
  • 昨日のアクセス数 55

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/14 14:46:59

  • 28
  • 0

そんなことを考えていると…

今までそれほど気にならなかったことが

どんどん気になり始めた。


マサは…

お金を返さない。

大好きだったときは「忘れちゃったのかな?」

と思っていたけど。


よく「ミユみたいにお金の苦労をしないで

育った人にはわからないかもしれないけど」

という言葉を発していたマサ。

何度か貸したお金をそのままにされていた。

もしかして確信犯だったの…???と思って

しまったりした。


他にも

私は両親にマサのことを内緒にしていたけれど

大好きな叔母だけには話していた。


時々叔母のお家に二人で遊びに行って、ご馳走に

なっていたけれど、マサは一度も手土産を持って

行ってくれない。

私は叔母に申し訳なくて、自分でお菓子などを

買って持って行ったのだけど、いつも横で

見てるだけ。

なんか…図々しいというか…卑しい…とまで

思うようになってきた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それでもマサは叔母に「俺はミユを待ちます。ミユにもう...

  2. 叔母は、マサを責めなかった。でも「お願いだからミユには二...

  1. そんな頃、マサに付き合おうって言われた。私はマサのこと好...

  2. 叔母とすっかり仲良くなったマサは何でも叔母に話していた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/29 編集部Pick up!!

  1. 母の発言でマリッジブルーに
  2. 育児で夫と意見が合わず喧嘩に
  3. マタニティフォト撮影で不愉快に

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3