七色の恋~赤い糸、結びました

ナナコの恋の物語

  • 記事数 48
  • 読者 1956
  • 昨日のアクセス数 24

orange13*後ろ姿

しおりをはさむ

2016/10/13 21:38:34

  • 106

「えっと、あの、私、当番があるから抜けられなくて……」



しどろもどろで

目の前に現れたダイに

お詫びした。



「うん。先に聞いてたから、岸谷と一緒に来たんだよ」



ダイが廊下を指差す。



キイがニヤニヤしながら

手を振っている。



うっ、キイちゃんからは

何にも聞いてないよ。



「ダイもキイちゃんと仲いいんだね」



「岸谷とって言うよりは、部活の皆と仲いいんだよ」



「そっか」



何だかホッとしてしまう。



「すみませーん」と他のお客さんに呼ばれて

私は慌てて仕事に戻った。



「邪魔しちゃ悪いから、俺らは校内回って来るわ。じゃー、また」



ダイはそう言い残して

キイのところへと歩いて行く。



オレンジ色のヨーヨーが揺れる。



私は後ろ姿を見つめていた。










tbc

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「全然ブサイクではないじゃん」戻ってきたキイに小...

  2. ♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♡♣♤♥♦♧♠♠♡♣♤♥♦♧♠♡...

  1. 25歳

    2015/10/26

    「まっ、、て、、私にも、、ダイさんの、、」と私はダ...

  2. 二学期が始まった。あの合宿以降、私はダイを目で追うよう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/26 編集部Pick up!!

  1. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3