ブログランキング76

恋〜いつか出逢ったあなた〜

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3368
  • 読者 722
  • 昨日のアクセス数 4028

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/15 23:51:45

  • 85
  • 0

僕の名前は神千幸。

12歳。

兄貴とは年子で、身長もあまり変わらないからか、よく双子に間違われる。

性格は全然違うかなあ。

兄貴は将来を意識してるのか、すごく真面目だし勉強も頑張る。

僕も…まあ、頑張るけどさ。

頑張るけど、楽しくない事はしたくないな~。


兄貴みたいに、部活やって塾行って…なんてしてないから、学校が終わったらまっすぐ家に帰る。

三つ下の弟の幸太と近所の空き地に遊びに行ったり、下の弟二人に絵を描かせたりもする。

…めっちゃ可愛いんだなーこれが。

特に、末っ子の千里。

まだ三歳になったばっかり。

目が合うと、ニパァ…って可愛い笑顔になるし、声も可愛いんだ。


「にあんめにぃちゃ、おかいりぃ。」

キラキラした笑顔で僕を迎えてくれる千里。

ああっ…可愛いっ!!

「たらいまぁ、千里。」

僕が千里を抱っこしようとすると…

「ちー、『おかいり』じゃなくって『おかえり』だよ。お、か、え、り。」

「……」

千秋は三歳児に向けても甘くない四歳児。

「それと、二番目兄ちゃん。『たらいま』なんて間違った事言って、ちーが覚えたらどうするの。」

「…ご…ごめん…」

千里より一つ上、四歳の千秋も可愛いんだけど…

千秋は…たぶん恐ろしく頭がいい。

すごくしっかりしてて、だけど寂しがり屋。

一応千里にはお兄さんぶって平気な顔をするけど、こっそりお母さんの膝で寝てるのを見たりする。

親指をチュパチュパしてね。

そんな子供らしい所もあるんだけど…

千秋は、もうとっくに九九も言えるし…英語なんて僕より理解してる。

最近ではお父さんの部屋の本棚から、とても難しい本を持って来たり…

兄貴の塾の問題集を見て、フンって言ってた…‼︎

末恐ろしい…!!


「ちー、さっきの続きしよ?」

「うん!!しゅる!!」

「しゅる、じゃない。する、だよ。」

「しゅるよー!!」

「仕方ないなあ…明日は言えるようになるといいな。」

「うん!!いいな~!!」

……

年子の二人が手を繋いでソファーに座り、四歳の千秋が英単語のカードを三歳の千里に並べて見せてる。

…うーん…

「兄ちゃんも混ぜてくれる?」

千秋の隣に座って言うと…

「勉強する気あるの?」

「…あるよ?」

「じゃあどうぞ。」

…厳しいなー!!


「ちーちゃん、こえがしゅきー。」

「ちー、自分の事をちーちゃんなんて言うなよ。」

「千秋、いいじゃん…千里はまだ三歳だよ?」

「もう三歳だよ。今学習しておかなきゃ、大人になって困るのはちーだからね。」

「……」

千秋…

おまえ…


本当に四歳か!?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. ママ友からLINEで絶縁宣言された
  2. いきなりキスされイケメン不信に
  3. 双子の相方に彼氏できてショック

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3