リョウちゃんへ

そろそろ忘れたいから、最期に振り返るためのブログ

  • 記事数 141
  • 読者 348
  • 昨日のアクセス数 63

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/10/13 15:31:43

  • 21
  • 0

大学も夏休みに入り、
連日、朝からバイトだった。

午前中、電話がなった。

電話の近くにいた人が、電話に出る。

「サカモトさん、奥さんからです」

サカモトが電話を変わる。

「えっ!なんで!なんで?!?!」

ものすごく大きな声だった。
明らかに動揺していた。

周りにいた全員が、
ただごとではないとサカモトに注目する。

「わかった」

そう言ってサカモトは受話器を置いた。

顔をあげ、
誰を見るわけでもなく、言った。


「赤ちゃん、死んじゃった…」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. あたしは、ナオトのいない時を狙ってナオトの家に電話をかけた。...

  2. 大して時間かけてないだろって、、なんで、断定的な言い方...

  1. 美紀ちゃんの伝言をなんとか伝えたくて数箇所電話してみる...

  2. 「もしもし?」「あ、大地くん?あのさー」私は何時もの...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/23 編集部Pick up!!

  1. 遊園地で見た客の態度にドン引き
  2. 彼が鬱病患っていたと知り心配
  3. 結婚前に彼と貯めておくべき額は

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3