ブログランキング27

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 883
  • 読者 363
  • 昨日のアクセス数 12803

恋をする女 12

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/13 15:02:56

  • 22
  • 0

あたしは、伊藤くんの家に近い公園に来ていた。
会いたいと言ったら家に来てと言われたけど、それは断った…。


トンガリくんに恋愛相談に乗ってもらってからずっと考えてたんだ。
きっとどんなに待っても、伊藤くんは変わらないような気がする。
一緒にいても不安は大きくなる一方かもしれないし、
かといって気持ちをぶつける勇気もなかった。
そのうちふっとあたしの前からいなくなってしまうんじゃないか…。

そんな不安を抱えながら一緒にいるぐらいなら……



「これ、返すね」
伊藤くんの手の平に預かっていた合鍵を乗せる。
「……うん」

「あ、あとこれあげる。あたしこのお菓子好きなんだ」
こんな時にお菓子なんか変だと思ったけど、伊藤くんに何か残したかった。
でも形に残るものは嫌だとも思った。
伊藤くんはいつもお金に困ってるし、食べ物なら助かるかなというのもあって…。

「じゃあ、バイバイ」


駅に向かうあたしを、引き止めもしなかった。
理由を聞くことも悲しむ素振りを見せることも。


……お菓子、食べてくれるかな。

そのお菓子を見ることで、少しでもあたしのことを思い出すかなぁ。


もしかしたら捨てられるかもね。


少し、哀しくて

スッキリした気持ちだった。




帰ってトンガリくんに報告メールしたら、
『マジ!?よし、合コンだ!笑』
と返ってきた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 公園に着くと、ヨッチはまだ着ていなかった。ちょっとお腹が空...

  2. 出張の間は私からメールはしないと決めていた。もちろんメー...

  1. 彼が。先に。言っててくれたら。不安に思ったり。嫉妬したり...

  2. 15年②

    2014/03/12

    「なに…勝手なこと言ってんの?…15年前?あたし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/25 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3