フィラーナさんのブログ

  • 記事数 28
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 2

はないちもんめ

しおりをはさむ

テーマ:小説 > その他

2016/10/13 12:34:15

  • 0
  • 0

「ただいま〜」
誰もいないが、いつもの癖で、つい言ってしまう。
カバンをテーブルに放りだし、冷蔵庫を開ける。中段の奥にプリンがあった。すぐさま、それを取り出し二階の部屋へ

あっと言う間にプリンを平らげ、一息ついたところで、勉強机の鍵付き引出しを徐に開け、チェリーを取り出して、一服する…
白い煙が、まるで、そこだけ霧がかかったみたいに漂う。

こんなところを母にでも見つかったら最後、いつもは、ドキドキしながら吸ってるのだが、今日は、それどころか逆に落ち着いていくのがわかる。

何とかしなきゃ…

明日から、どんな顔して学校に行こうか?
鏡を見て自分の顔とにらめっこ。
あっ、そうだ!
メガネを外し、ソフトレンズをつけてみた。そして、二重にするクリームを塗り、前髪をハサミでジョキジョキ…眉毛が隠れる位の長さに切り揃える。

暫くして、下の階からパタパタと足音が聞こえてくる。
「美幸、帰ってたの?」

私は急いで、灰皿とタバコを引出しに隠して、着替えてない制服のままでリビングに行く。
「母さん、今日は早いね、具合でも悪いの?」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 304

    02/23

    「ただいま~」と玄関からリビングへ向かうとみんなの...

  2. しばらく腕枕してもらって落ち着いた頃、祐樹がタバコを吸っ...

  1. 面接試験のために出されているプリントに再度目を通して、集合...

  2. 玄関の鍵を開ける音で目が覚めた。ばたばたとリビングに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 介護が必要になった絶縁中の義母
  2. 同僚に通販を頼まれ注文した結果
  3. 不倫関係の止め方が分からない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3