ブログランキング6

Fictions

卒業後の千晴と藤田先生編

  • 記事数 346
  • 読者 1933
  • 昨日のアクセス数 47707

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/13 11:29:05

  • 126
  • 0

昨日まで、浅野君に興味もなかった。
なのに、…今日はすごくドキドキする。


「浅野君は、昨日の方が優しかったね…」

俯いたら、髪がさらさらと下に落ちてゆき、沈黙が流れる。


もう時間だ。帰らなきゃいけない。
お母さんが心配する。

私は、片手で胸を隠しながらベッドの下に落ちている下着とセーラー服を取った。


「…帰んの」

「ん」

ベッドで力なく座っている浅野君に背を向けて、薄いブルーのブラジャーを胸に当て、ホックを止めた。
サイズの合っていないブラジャーからこぼれ出しそうな胸を収める。

セーラーを着て、スカートも上げて、元通りの姿になり、ベッドに腰を下ろした。

重い腰が上がらないような浅野君は、私に貸してくれた服を袋から出し、着始めた。

「送る。危ねえから」

「いいよ、ひとりで…」

「バカか。お前なんか襲われろ」


酷い言葉の裏側に、心配の色が見え隠れするのを確認するように言ってみた。


「昨日、あのまま襲われちゃったら、私どうなってたんだろう」

「…………んなこと考えなくていいよ」



浅野君の気持ちがつかめない。

オナペットだって言ったり、心配してくれたり。突き放したり…。
私、平気なふりしているけど、浅野君の言動ひとつひとつに傷ついて、翻弄されている。


着替え終えた浅野君が、部屋のドアを開けようとする。
ドアノブに掛けた手を握ったら、浅野君は私を思い切り抱きしめた。

同じテーマの記事

  • 141日前
  • 121日前
  • 111日前
  • 1613時間前

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 12

    10/05

    でも、あまり長くても心配するだろう…意を決して、シャワーを...

    Fictions

    • 121
    • 0
  2. 29

    10/11

    「……冗談?」疑いの言葉に、浅野君に抱きついたまま首を振...

    Fictions

    • 131
    • 0
  1. 講演会を終え、車に乗ると那由多さんに連絡をいれた。電...

  2. うーん、寒い…………『茜君~、冷房の設定下げたでしょ~…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/22 編集部Pick up!!

  1. 夫にこれだけはバレたくない事
  2. 彼に「結婚したい時期」聞いたら
  3. 夫からの誕プレを返品したい理由

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3