guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 673
  • 昨日のアクセス数 203

テーマ:小説 > 男女関係

2016/10/13 11:27:27

  • 62
  • 0

二次試験の翌日は法事だった。
聡くんは結婚式に出席するため、
私は1人で実家に向かった。


実家は一軒家で和室もあるため、
法事はお坊さんに来ていただいて
執り行うことになっていた。


時間になるとお葬式で
顔を合わせたばかりの
親戚が続々と集まってきた。


この前会ったばかりでも
こういうときの会話は
だいたい決まっている。


まぁ素敵なお嬢さんになって。
結婚して結構経つしそろそろ子供は?
おばあちゃんもひ孫の顔見るの
楽しみにしてたんじゃない?


こんなお決まりの質問に
愛想笑いを浮かべながら
肯定も否定もせず対応する。


最初こそ嫌な気持ちになったが
今はもう慣れてしまって
機械的に答えられるようになった。


これで今就職活動してるなんて言ったら
この人たちはどう反応するんだろうか。
これ以上あれこれ詮索されるのは
さすがに疲れてしまうので言わないが。


でも、今日は聡くんもいないし、
両親にはそろそろ
伝えた方がいいかもしれない。


何て切り出そうかな…


そんなことを考えながら
法事が始まるまで
来客者にお茶を出したり、
世間話に付き合ったりと
そこそこ忙しく過ごした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. スズキさんが実家に帰る1日前。二人でベッドに入って、ス...

  2. 壊れる

    2016/07/23

    もう、限界です、昨日も、今日も、首しめていました。原因はく...

  1. 望くんを完全に裏切った。浮気した、とは...

  2. この中で既婚者は「椎名課長」だけだったせいか、会話はさっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3