男というもの、女というもの。

誰にも言えない私の性体験を、赤裸々に綴ります。

  • 記事数 29
  • 読者 28
  • 昨日のアクセス数 10

男というもの、女というもの。(28)

しおりをはさむ

2016/10/13 11:22:34

  • 1
  • 0

彼と、前に書いた子持ちの彼は、同じ事務所に所属するタレント。
少しズレてはいるけど、知り合ったのはほぼ同じ時期で、子持ち彼に出会ったのがきっかけで、もう1人とも出会った。

まずは顔見知りになり、SNSで繋がり、プライベート用の連絡先を交換して親密になった。

2人目の彼には、奥さんがいるが子どもはいなかった。

その当時で、セフレは3人ほどいたと聞いた。
奥さんのことは大好きだが、セックスの相手としては不満があったようで、その点、彼とは話が合った。

私のお気に入りのオイルをプレゼントしたら、とても喜んでくれた。

そしてあっと言う間に、ホテルに行くことになる。

ここまでくると、ホテルに行くのが当たり前だ。

会う前にお互いのセックス観についてやり取りをしていたので、好意ではなく興味で引き合ったのだろう。

あまり感じないと言っていた彼だけど、イカない日もあったけど、
だからこそ、感じてくれた日、イッてくれた日は本当に嬉しくて、感じさせる女でいられて良かったと思えた。

しかしその後、彼はタレントを辞めて、地元に帰っていった。

結局ホテルに行ったのは、3、4回だけだったかな?
でも、最後の1回が出来たから、歯切れよく別れられた。

こう言う別れ方...最後だと知って、思い出にセックスをするのは理想的だ。

子持ちの彼とも、最後のセックスがしたかったなと、まだ引きずっている。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 武田さんとのスワッピングパーティー以降、あまり連絡が取れなく...

  2. 触れ合った日から彼の態度は変わったまだ最後までした訳では...

  1. 私が主人と知り合ったのは今から13年前。当時、私は19...

  2. 詳しくは書けないが、ある時タレントと知り合う。プライベー...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 「育て方間違ってる」と感じてる
  2. がん末期の夫と暮らし精神が病む
  3. 双子の養育費を全く払わない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3