モラハラからの心からの脱出をしたい!チラシの裏ブログ

モラ元彼は小中学校の同級生。 小さくて真面目な良い子は時を経て最愛の悪魔となり…

  • 記事数 154
  • 読者 19
  • 昨日のアクセス数 9

忘年会はつらいよ1

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 失恋

2016/10/13 12:37:07

  • 0
  • 0

今日からまた仕事。
あぁ、だるい。
飲食の求人、本気で探そうと思ってます。
元気でアットホームなお店。
デスクワークは平和だけど、窒息しそう。。

さて、世に出ている書籍のようにうまくモラッぷりを伝えられると良いんだけど…忘年会のお話です。
今回はかなり卑屈な内容満載でさらに気分悪くされるかもしれません。
でも、嘘は書きたく無いし、自分でも辛いけどその時思っていたことを正直に綴ります。

あっくんは飲む事が、飲み会が基本的に好きです。
12月に入ると一般的な忘年会シーズンとなるため、店のスタッフの忘年会は11月末に行っていました。

このころ私は度重なるモラハラにより、精神的にも肉体的にも不安定になっていました。
顔がばーっと赤くなって発疹が出たり、熱が出たり、お客さんのタバコの煙で気管支をやられて咳が止まらなくなったりしました。
病気になったようなことを言うと機嫌が悪くなります。
医者に寄ってくるのでちょっと遅れますと報告を入れても返事無し。頑張って店に入ると、よん!! 入るな! 体調不良を連絡してきた時点で働く意思無しと見なして他のスタッフを入れられました。
これが若いバイトの子だと、昨日、◯◯ちゃんが赤い顔して体調悪そうだったから、今日休ませていいかな? ダイナミックに皿割ったりしてたし。と連絡が来ます。
Sさんの場合は、今日Sさん具合悪そうだから早く上がれるようにしてやって、となります。

始めの頃は出口まで見送りに来てくれたりはたまた家まで送ってくれたりしたこともありましたが、労いの言葉さえかけられなくなりました。
他のスタッフには明日もよろしく!
今日は悪かったね!なんて言ってるので、私にもたまには言ってよーと言ったら、Sさんにヤキモチ焼くなよ!とか言われました。
ヤキモチ扱いって、、言えば言うほど困ったちゃん扱いになってる気がする…

そして、早番を任せられるようになったフリーターの子もメキメキ力をつけ、あっくんも気に入っていて、酒屋でもらった前掛けをあげたり、
あっくんさぁん!今日の賄い、チラシにしてくれませんかぁ?、なんて頼まれて作ってあげていたり。

その子はお客さんからも受けが良く、気に入った常連さんから一緒にスッポン鍋を食べようと誘われたのは聞いてましたが、いつなのかは知りませんでした。
他所の店に行くならまだわかるんです。
だけど、忙しい日曜にも関わらず、しれっと休み希望を入れてSさんと私がバタバタしている中、しれっとスッポン鍋をつついていました。
Sさんと私も同じバイトなのに、私たちでは絶対許されないことが許されていることに二人で不満を持っていました。

良い子なのはわかる。
要領も良いし、良い意味で図々しい、他人枠ではあったけれど、不機嫌なあっくんに動じない。
なので、不機嫌時の伝令役もお願いしていました(^^;

かたや私は無視され怒鳴られ、、この子の方がずっと若いしお嫁さんにした方がいいんじゃないか? モラハラ期にはいっそそうなってくれ!と思って不貞腐れていました。

そんな中の忘年会。
ハロウィン女子会の不満も溜まってました。
ハロウィン以来、あっくんとのデート時はお酒をほとんど飲まないようにしていました。

今日はおとなしく飲もう。
そう思って日本酒には手を出さずに静かにしていました。
このまま終わってくれれば良かった。
もしくは私は帰ってしまえば良かった。

あっくんが2次会でカラオケしようと言い出しました。
次の店へと移動。
店に入る前にあっくんに呼び止められました。

つづく

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そう。このころ、私元気なかったんですww忙しかったの...

  2. 御報告。

    2017/03/21

    <保証期間は試用期間。>の項で登場した新人キャストは実質、解...

  1. 一昔前の水商売の世界には、多くのタブーがありました。先発組...

  2. 若人

    2017/05/10

    先日、大西くんの送別会の飲みに誘われました元々 他店舗...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/22 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 「孫依存」の母に振り回される
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3