バイセクシャル恋愛日記その2

Side K

  • 記事数 284
  • 読者 186
  • 昨日のアクセス数 124

テーマ:恋愛 > 同性愛

2016/10/13 21:54:01

  • 23
  • 0

何も無い宇宙みたいな所を飛んでいるようだ。

そこには床も壁もなくて、前も後ろもない。

ベッドに接しているはずの背中の感覚もない。

体という存在が無くなって、魂だけで無重力の中を浮遊してるみたいで、ただ呼吸だけが共鳴している。

ユミの魂と一緒に浮遊してるんだ。

眠かったわけじゃなくて、なんだかもう「いいかな」と思った。

自分を「宝物」だと言ってくれたこの子に、何もかも任せて、好きなように扱ってほしくて、恥ずかしいことも、みっともないことも、全部許される気がした。

体中の感覚が全力で彼女を受け入れて、知覚のお化けのようになって、オーガズムにかき回されてエラーを起こした身体が、きっと放棄したのだ。

浮遊する意識の中で、シャッター音のような音が何度も聞こえた。

ああ、そういえばこの音、聞いたことがある。こうして目を瞑って、いや塞がれて、身動きが取れない状態で……。

そうか。あの人たちに、ビデオだけじゃなくて、写真も撮られていたのか。

なんで許してしまったんだろう。きっとさすがに、ユミは引いてしまうだろうな。

いやだな。嫌われたくない。

嫌われたくないよ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 目覚ましがなる前に私は目が覚めた。鳥が鳴いて...

  2. 復活⑥

    2015/11/29

    懐かしい感覚を思い出すかのように過ごしたバスタイム。もっと...

  1. なんだか、頭がぐーっといたくて、体がだるくてって感じです。。...

  2. 緊張感が一段と俺の体に走り染み渡る....心地よい背筋の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 母「アレしといて」が分からない
  2. 仲いい友人の陰口を聞きショック
  3. 不倫関係の止め方が分からない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3