シホとのんちゃんとむすことねこたち。

のんちゃんとのんちゃんそっくりな息子と猫達に振り回される毎日…でもHappy*

  • 記事数 225
  • 読者 479
  • 昨日のアクセス数 1515

忘れさせて、2

しおりをはさむ

2016/10/13 00:15:48

  • 49

テーマの通りです。
お気を付けください。








指ですくった生クリームをクリに塗る。

「あぁぁんっ」

それだけで腰が浮いてしまうのに、のんちゃんはシホの腰に腕を回し、ジュルジュルと音を立てながらクリを吸ったり舐めたりする。

「やぁっ、あぁんっ」

クリに生クリームを塗られて舐められているといういやらしい状況に、また興奮度が増す。

「はぁぁっ、やだぁー!
あんまりし過ぎるといっちゃう…」

足をビクビクと震わせる。

「もういっちゃうの?
だめだよ。
我慢してね。」

今度はそのまま中に舌を出し入れする。
ジュプジュプと垂れ流れるのが分かる。

「すっごい。
シホちゃんので顎がビショビショになる(笑)」

「恥ずかしい…やだぁぁ」

あそこ全体がビリビリして、どちらを弄られてもきっとあとちょっとでいってしまう。

それなのにのんちゃんが動きを止めた。

「あ…なんでぇ…」

「やなんでしょ?」

「嫌じゃない...」

「じゃあどうしたいの?」

「い、いきたいの…」

あまりの恥ずかしさに顔を覆う。

「どっちでいきたいの?」

聞きながら足をさらに開かせ、生クリームをやわやわとクリに塗る。
刺激が足りないからそれじゃいけない…。

「んっ…あぁんっ…クリ…クリがいいのぉっ」

「ふふ、わかったよ。」

恥ずかしがって顔を覆ってるシホの手をどけ、ほっぺたにキスをする。
そして生クリームが塗られているクリを思いっきり舐め、指で擦りあげる。

「ひゃぁんっ!
あぁぁぁっ、イクーっ…」

あまりの刺激に座っていられず、ベッドに倒れ込んだ。

あぁ…恥ずかしかったけど気持ち良かった♡

そう思っていたのも束の間、ベッドの上で四つん這いにさせられる。
のんちゃんは何も言わず、後ろから太めのバイブを入れてきた。

「あぁぁっ!」

まだ余韻が残っているあそこが疼き始める。

バイブを出し入れしたり、中で横に動かしたり。
後ろから入れるのは初めての試みだったので、余計感じちゃう。
たまにクリに擦りあててくる。

「はぁっ、あぁぁん…
なんか…変な感じぃ…」

目を瞑ってひたすら快楽に集中する。
気持ち良すぎて涎が垂れる。

「シホちゃんも…やってみてあげるね…」

「え…何を?」

のんちゃんがシホのお尻にオイルを垂らし始めた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 11/18

    両手でお尻を顔に近づける舌で割れ目をベロリ「あっん!」...

  2. 松本さんは手慣れた手つきで私の下半身を裸にした。そのま...

  1. 舐める

    2015/01/25

    「ミユキのここ、どんどん濡れていくね…」そう言うと、ちひろ...

  2. 足を拡げられ欲情したアソコを見られる「フッ…萌…?...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 「結婚を決めたキッカケ」は
  2. 「神レベル」な義母からの贈り物
  3. 結婚に反対の彼母がノイローゼに

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3