ブログランキング20

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1462
  • 読者 1458
  • 昨日のアクセス数 18048

771 もどかしい

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/10/12 00:10:59

  • 170
  • 0

『僕の奥さんは時々哲学者のように見える時がある。』

今日の事を洋平に言ったら、そんな返事が返ってきた。

『なによ、それ』

茶化されたような気がして少しムッとした。

『なに、気を悪くした?』

『あああ、わからないよね〜男には。
父性には母性が持つ、産んだ事への愛おしさとか、痛みを乗り越えた達成感みたいなものが欠けてるんじゃないの。』

『なん年前のこと言ってんだ?
痛みは確かにわからないけどな。
できたものに対する責任感はあるぞ。』

『責任感。そうか、そうくるか。
そうだよね。それがなかったら、男なんて、なんとか助成金みたいなもんで、名前だしました、貢献しましたよお、みたいなもんか』

『それだけじゃない。
そうは言っても何があるかわらない。特にうちの場合はな、俺も浩平も途中リタイヤがあったから、偉そうなことは言えねえがな。
気持ちだけはいつだって』

『ごめん、そんなことを言わせたかったわけじゃないから。』

ああ、またパンドラの箱を開けてしまったか。
封印したわけではないけれど、時間の流れが変えてくれたもの、流して遠くなったもの、記憶にはあっても、もういい!そう言えるようになってる事があって普通に暮らせているのに、時々こんな風にポロっと顔を出す。

『いいって、現実にあった事なんだから、無くなったりはしない事だし。
ごめんだなんて言ってくれるな。
言われたらその事が辛い。』

『ごめ、あ、じゃなんて言えばいいのよ。
今更辛い思いなんてさせたくはないのに、そうしちゃったら、普通にごめんってでちゃうでしょ。ああ、もう!』

なんだかちょっと嫌な感じだ。
じゃれあっても喧嘩らしい喧嘩はしていない。
癇癪を起こすのならたぶんそれは私で、洋平には弱みでもあるから、彼が我慢をする、それがパターン。
切れるのか、洋平。
我慢も限界になるのか。

何やってんだ、私。こんな事を言ったり、やったりするつもりなんかなかった。
元を正せば、晴美と晴美の母親との関係が納得できなくて、理解できなくて、それが胸のどこかでしこっているのをなんとか吐き出したかっただけなのに。
私のものの言い方が悪かったのか、伝え方が下手なのか。

もうやめた。

『あのね、もう一度だけ、ごめん。
言いたい事が上手く伝えられなかった。
嫌な感じだったよね。もういわないから。やめるから。忘れて。』

もどかしい。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 『違うんです。池添さんはなにも悪くはないんです。私が池添さ...

    しのぶ

    • 149
    • 1
  2. 藤井さんと榎木さんだけかと思ったらなんと松橋さんまで来ていて...

    しのぶ

    • 178
    • 9
  1. 『嫌なのよ、お金の事は。でも冷静に考えて、出した方は、山縣...

    しのぶ

    • 161
    • 0
  2. 約束通り、夕飯には戻ってきた瞳子に気を良くした洋平がうるさい...

    しのぶ

    • 164
    • 4

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/31 編集部Pick up!!

  1. 診断前に発達障害と断定する義母
  2. 夫に浮気バレている気がする
  3. 彼の前妻「敵わない」と思った訳

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3