バービーのブログ(題目未定)

学生の頃大好きだったあのグループに…。 あの頃書きためた妄想小説。完全自己満です♡

  • 記事数 60
  • 読者 3
  • 昨日のアクセス数 23

#6-8 過去。

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 妄想

2016/10/12 13:15:42

  • 2
  • 0

「俺は、デビュー前から今までの涼太達を見てきた。あいつらは本当によくやってるって思うよ。でも、ここまでくるのはそう簡単なことじゃなかったんだよ。そのことを俺はよく知ってる。本当に大変なことが沢山あった。そんな同じ思いをお前にさせたくないんだよ…。」

「…。」

「本当はあの時、止めたかった。けどできなかった。鈴奈があの時の雷斗達とかぶって見えて…。でも今なら言えるから。鈴奈、戻って来て…。俺、鈴奈がいないとダメなんだ…。」

敬ちゃんのそんな気持ち。

初めて知った。

そんなこと思ってたなんて…。

敬ちゃんのことは大好きだけど。

今までそんな風に敬ちゃんのこと見たことなかった…。

「敬ちゃん…。ありがとう。敬ちゃんの気持ちはすごく嬉しい…。けどね、ごめん。私今、敬ちゃんの気持ちに答えることことはできない。今帰ることはできない…。」

私の今の素直な気持ち。

私の思いを。

そのまま敬ちゃんにぶつけた。

「私、最初は本当に不安だった。慣れない環境、ハードなレッスン。いつも、いつも夜一人で泣いてた。辛くて…。何度も何度も帰ろうって思った。けど、今は毎日が楽しいの。そりゃあ今だって不安な気持ちは変わらないよ。でもね、歌うこと、踊ることが楽しいの。私、こんなにも一つのことを本気でやりたいって思ったの初めてかもしれない…。初めて本気でやりたいことがみつかったの。それに…。やっぱり涼太が好き…。今まではテレビの中の涼太が好きだった。でも今は違う。一人の男として広瀬涼太が好きなの…。だから敬ちゃん…。ごめんなさい、わかって欲しいの。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 90

    08/25

    道弘の部屋に上がりソワソワする私に道弘が大丈夫だよって励...

  2. 1158

    05/16

    『炎の体育会TV』って番組知ってますか?芸能人が色々なスポー...

    いちご

    • 28
    • 11
  1. 先生は、私を抱き締めて言った「レナは、いつもそう...

  2. 無題

    02/12

    「…ごめん」五十嵐さんは呟いた。「莉子の過去の事が一...

    片便り

    • 129
    • 5

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/24 編集部Pick up!!

  1. 外出先で「えっ」と驚いた出来事
  2. 4日風呂入らない義母にドン引き
  3. 夫親族に別荘代わりにされ腹立つ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3