ブログランキング19

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1328
  • 読者 1369
  • 昨日のアクセス数 20204

770 強く生きる。

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/10/11 19:24:29

  • 176
  • 2

『池添先生って、凄いですね。』

ふたりが帰ってから、マキちゃんがため息混じりに言った。

『一応医者だからね。』

『でもなんだか晴美さんって、会うべき人に会ったってそんな気がします。』

『そうかもね。』

『しのぶさん?どうかしました?』

『え、いやね、普通に聴いたら、絶賛の惚気かキザな優等生の答えみたいなんだけど、人の心を読む職業だから、その人が真面目に言う事は信じられるよね。』

『そうですよね。それに凄く献身的って言うか、これ以上ないくらい晴美さんを愛してるのがわかって、こっちが照れちゃう。』

『おやおや、お宅さんだって、なかなかじゃないですか。』

『それを言うならしのぶさんとこが一番なんじゃないですか。
洋平さん、いつだってしのぶさんを見てるし。』

『俺が、何を見てるって?』

洋平が帰ってきた。

マキちゃんが時間を見て帰っていく。

『悪いな、もう少し用事がある。藤井がきてるから。』

ひとりになると、あの毒舌、開き直り、不貞腐れ、真ちゃんの言うことが全部理解できたわけではないけれど、晴美のこれまでの人生がどんなものだったのか、母親と相容れない生き方がどんなものだったのか、想像すらできない。

人には見えない優しさを私は知っている。
思いやる心も知っている。
そんなものに敢えて蓋をするように生きてきた晴美を思うと心が痛い。

世の中の不条理のなんと多いことか。
傷つかなくてもいいことで傷ついて、泣かなくてもいいことで泣いている。
愛すべきものを愛せない葛藤。
苦しいね。

でもこれから見えるものはきっと晴美には、優しいものになると思うよ。

それほど多くの人と関わって生きてきたわけではないけれど、これまでにみてきた人の生き方が全て平安ではなかった。
悲しみと憎しみに覆われた生き方もあった。
それでも生きる事を望んだ人の生き様は、恥とか外聞とか、そんなものには目もくれず、目指したものに向かっていく。

人は生まれながらにして計り知れない強さを備えている生き物なんだろうか。強く生きるために生まれたんだろうか。

帰りたい。愛するものだけが住む我が家に帰りたいと思った。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5389258・10/12

    レイナさん
    いつの間にか晴美は家族のような存在になってました。

    出会いは最悪でした。
    だけど今母親になった晴美を大切におもえるようになっています。
    教えられることもありました。

    だけど、それまでの晴美の生き方は悲しすぎます。

  2. レイナさん(44歳)ID:5385417・10/11

    つらい事や悲しい体験を通して、人は強くなっていくのかもしれないですね。
    でもだからこそ、人の心に寄り添える優しさが生まれるのかもしれません。
    今晴美さんがたくさんの愛に囲まれているのは、ふて腐れる事はあっても諦めず踏ん張ってきた証ですね!

  1. 1

    まいこ

    記事数 307 / 読者数 1082

  2. 2

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 462 / 読者数 2347

  1. 3

    MyhoneyCin...

    1時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 16883 / 読者数 3957

  2. 4

関連するブログ記事

  1. もうすぐお盆だね。11日からお休みの人が多いのかな?イ...

  2. 朝陽を眺め今日を迎え夕焼けを眺め今日の終わりを知り...

  1. 赦す。

    2015/11/06

    人間の感情は刻々と変化する当然です生きているのですから...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/23 編集部Pick up!!

  1. 息子の友達の食費が家計を圧迫
  2. 身近にいる意識高い系女子が痛い
  3. 婚約破棄を決断した「彼の奇行」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3