オヒトリサマで 生きる道

ひとりごと

  • 記事数 157
  • 読者 38
  • 昨日のアクセス数 15

アンナとユウタと私 2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2016/10/11 16:36:40

  • 2
  • 0

ユウタは ひとつ下の男の子

野球少年で 日焼けした褐色の肌と
にぃ〜って 笑うと
綺麗に並んだ 白い歯が やけに目立つ
少し茶目っ気のある男の子だった

帰りの電車の中 ユウタを 見かけた
隣には 色白の可愛らしい子が座っていた

会話はしてなかったけど
yearphonを片方ずつして
寄り添っている姿が 微笑ましかった

私は 背が高い方で 体格も良く
守ってあげたいと思われる子とは
程遠い…

私は コンプレックスの塊だった

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. この頃、私は何人かお気に入りの男の子がいた一人は他校で同...

  2. マリアが男の子たちに手を振る。幹事らしき一人の男の子が...

  1. (全体公開です)☆「!?」左脚に妙な衝...

  2. 当時はかなりお転婆の明朗活発という言葉が一番ぴったりくる子だ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 電車で見かけイライラした子連れ
  2. クレームの対応中に考えてる事
  3. 彼氏が「クチャラー」でストレス

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3