ブログランキング12

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1012
  • 読者 1181
  • 昨日のアクセス数 21914

768 猛禽も人の子

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/10/11 16:12:57

  • 137
  • 0

午後になって遅い昼食をマキちゃんと摂っていた。洋平はまだ戻らない。

そこへヒョッコリと猛禽が現れた。

『あ、お食事中でしたか。すみません。どこかで時間潰してきます。』

それで出て行こうとするものだから

『あ、いえ、構わないですよ。どうぞ。
コーヒーでもいかがですか。』

マキちゃんが素早く立ち上がって給湯室へ行った。

『申し訳ありません。
いつもこの時間なんですか、昼は?』

『きりのいいところで、ですけど、だいたいこのくらいになりますね。晴美は大丈夫なんですか。』

『ええ、昼も済んで、ミルクも飲ませて、寝てくれました。ふたりとも、クスッ、』

『何かあったんですか?』

すると姿勢を変えて坐り直すと

『退院後の事なんですけど。』

『はい。』

『本当は僕が世話をするつもりで、家もそれなりに用意して準備はできているんです。
晴美ちゃんも、その、久保さんの所の事情を知って家に帰る事を承知してくれていたんですが、田舎から昨日、母が見舞いに来ましてね、
コタを抱いてそれは喜んでくれました。

その時にその産後のケアについて聞かれましてね、まあ晴美ちゃんは実家が遠いし、帰る予定もないのでと言うように話したんです。

そうしたらこないかって言われまして、そう、僕の実家です。
だけどコタにはまだそんな遠出させられませんから、断りました。

ただ、母が言うには僕は妊娠出産を舐めてかかってるって言うんですよ。
家族になったのだから、夫婦が協力するのはいい事なんだけど。何しろひと昔前の母親なんで、晴美ちゃんの気持ちも心もすごく心配してまして。
それを言われたんで僕もいささか不安になりました。
だからご迷惑だとは思うのですが、お宅のお母さんたちにご相談に伺いたいのですが、よろしいでしょうか。』

なあんだ、そんな事なら直接家に行ったらいいのに、そう言ったら、ホッとした顔で

『なんだかご迷惑ばかりかけているようで恐縮してました。
晴美ちゃんも本当はお宅のお母さんたちに甘えたいんですよね。わかってはいるんですけど、こちらもいい年の大人なんで、考えるところもあって。』

『らしくないですね。診察のときのように、的をついてハッキリ言ってくださればいいのに。
母たちなら喜んで相談に乗ってくれると思いますよ。
これ、食べませんか?』

そう言っておにぎりを勧めたら、これが晴美ちゃんが言うおにぎりかと、食べ始めた。

猛禽も人の子か、母親には弱いらしい。

そこへまた、訪問者が。

なんと真ちゃん、そう、晴美の兄の真ちゃんだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 床暖房を設置 光熱費にビビる
  2. 脱ぎたてホカホカ下着を渡された
  3. 誕生日に元彼からケーキが届いた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3