やわらかく、強く

ちょっと大人の、ビターな恋愛小説です。

  • 記事数 85
  • 読者 26
  • 昨日のアクセス数 21

境界線(82)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/11 15:33:33

  • 5
  • 0

佐伯さんは社内を見まわしなにか確認しているのか、こちらには気づいてない様子だった。

「俺が呼んでくるよ。」

そう言って、俺はデスクを離れ佐伯さんの方へと近づいた。
佐伯さんはある程度の距離で俺に気づいて、少し驚いたように「あ、川野さん、おはようございます。」と会釈した。

「おはようございます。ちょっと今いいですか?」
もう少しにこやかに、気さくな感じで話しかけるつもりだったが、彼女と目が合った瞬間によそよそしい感じになってしまった。
「はい、なんでしょう?」
佐伯さんにじっと見つめ返されて思わず視線をそらす。
「えっと、今日の資料ってどのフォルダにあるんでしたっけ、というSEがいまして。」
俺が申し訳なさそうに言うと、彼女はぷっと吹き出し
「そんな困った人がいるんですねー」とおかしそうにくしゃっと笑った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 席に着きパソコンの準備をしながら、そっと佐伯さんに目をやる。...

  2. 敬語

    07/19

    佐伯さんがキッチンから戻ってくる。「フルールのパンしか...

  1. 朝になって深い眠りから気持ちよく覚めていく。ゆっく...

  2. 本気

    08/02

    静まり返った部屋のシングルベットにくっついて眠る。背...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/25 編集部Pick up!!

  1. 出会い系が原因で彼と別れた
  2. 3年間バイキン扱いされていた
  3. お花畑状態の夫に何言っても無駄

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3