ブログランキング39

Fictions

東野君のオフィスラブ。

  • 記事数 392
  • 読者 2069
  • 昨日のアクセス数 9951

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/11 14:42:04

  • 132
  • 0

ぎゅう…と浅野君を抱きしめたら、漕ぎにくそうにしていたのですぐに離れた。

まだ、浅野君といたい。
どうすれば一緒にいてくれるのかな…
浅野君は、もっとキスしたいと思わない?


「俺、今日は送ったあと歩いて帰るから。ずっと自転車借りるわけにもいかねーし」

「え、じゃあ、このまま浅野君ちに行ってよ。私、そこからひとりで帰るから」

「ひとりでは帰らせられねぇよ、さっきパニックなってたじゃん」

パニック?


「俺の母親が、昔よく過呼吸起こしててさ、今は治って、仕事してるけど」

「そうなんだ…」

「さっきの、めっちゃ似てた」


浅野君のシャツの裾をきゅっと握る。
もう、空は暗い。


「まだ…一緒にいたいよ」


私の呟きが聞こえているのかいないのか、浅野君は返事をしない。
昨日は自転車を押しながら歩いた道を、二人乗りで走る。


「なんで俺に言うんだよ。東野は?」

聞こえていたのか。なんで東野君が……

「東野君とは何もないよ」

「信じられるかよ」


語気を強めて、苛立ちを隠さない浅野君。

もしかして、妬いてる…?と思うと、きゅううっと胸が締めつけられた。

どうすれば一緒にいてくれる?
朝、言ってたお願いを聞けばいい?

きゅっと結んでいた唇を開き、思い切って伝えた。


「浅野君になら、胸さわられてもいいよ」


「…は?」

浅野君は急ブレーキを掛ける。ぐらっとしたので後ろからしっかり抱きついた。

心臓はもうオーバーヒートしそうで、浅野君の次の言葉を待つ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今日は早く帰らなきゃいけない…彼から「帰りどーする?...

  2. 再び時間が止まるえ?なに?なんで?『・・・...

  1. ひとり。

    2015/11/15

    仕事は残業続き。でも、友人と飲みに行ったり映画見に行っ...

  2. 多分、大丈夫だとは信じてたけどちゃんと時間通りに出勤するかど...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/26 編集部Pick up!!

  1. 3年間バイキン扱いされていた
  2. 入籍後も義父のせいで通い妻状態
  3. 出会い系が原因で彼と別れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3