ブログランキング10

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 171
  • 読者 1162
  • 昨日のアクセス数 29055

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/11 13:55:59

  • 99
  • 0

浅野君が繋いでた手を離そうとしたから、いや、と首を振る。

私に触れていて欲しい。

「手つないでて…おねがい」

それだけ伝えて短く息をしていたら、浅野君は鞄を前かごに放り込み、もう一つの手で私の体を抱き寄せた。

「ゆっくり息吐いてみな。過呼吸になるぞ」

「か、過呼吸…?」

何だろう、聞いたことはあるけど症状は知らない。
次第に手が痺れてきて、息が苦しくなってきた。

こわい、こわい、苦しい、

浅野君の胸に縋り付いて泣きそうになっていたら、私の頬に浅野君の指が伝った。

思わず見上げたら、至近距離に顔があって、唇が目に入る。

吸い寄せられるように近づき、目を閉じたら、すぐに柔らかな彼の唇が私の口を塞いだ。

不安でいっぱいだったのに、晴れ間が広がるように熱いものがこみ上げてくる。

唇を当てているだけの長いキス。
繋いだ手が離れて、浅野君は両手で私を抱き、背中から腰まで撫でられた。

私も浅野君の背中に手を回して、ぎゅうっと抱きついた。浅野君の胸に押し付けている、私の胸が潰れてる。

唇が離れてもう一度重なった時、不安になるような息苦しさは消えていた。浅野君はそれを察したかのように、私の唇を軽くぺろっと舐めた。

びっくりして目を開けたら、浅野君が笑ってる。

「今舐めた?」

「うん」

浅野君はすっと体を外し、自転車のハンドルを握る。

「はー、ビンビンなんだけど」

「え?」

「さっさと帰って出したいから、早く乗って。送るから」

「う、うん…」


出したいって…ビンビンって…
そういうことだよね?


浅野君の後ろに跨り、腰に捕まると、自転車は進み始めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 家のドア開けて中に入る。玄関で靴脱いでる龍司さんの背中に...

  2. 434

    12/29

    優しく毛布で私を包むとかずは、私の頭を撫でてくれた。...

  1. TERUくんに抱き締められて立ち尽くす私。TERUく...

  2. マナは舌を出すわけでもなく唇を動かすわけでもなくされる...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 東京の水が不味くて飲めない
  2. 同居義母が義弟の家に通い妻状態
  3. 息子がギャン泣きで泣きたくなる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3