ブログランキング9

Hypnotic

  • 記事数 178
  • 読者 1171
  • 昨日のアクセス数 25162

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/11 12:05:05

  • 93
  • 0

その時、部室にいたのは、高田部長と、浅野君と、1年の生徒が3人。この日は全員男子だったけど、いつもは1年生の女の子2人組と副部長もいるそうだ。

「幽霊部員もたくさんいるんだけど、普段ここに来るのは10人もいないんだ。でも、みんないい奴だから。これからよろしくね」

部長のスマイルに、心が温かくなる。
私も笑顔で「よろしくお願いします」と返事したら、浅野君がヘッドホンを外し、私を見る。

ひらひらと手を振ると、浅野君が立ちあがった。


「何で入部してんだよ」

「村上先生に誘われたんだもん」

「チッ…」

舌打ちー?


「それより、アレ!返してもらってないの。私も浅野君に返さなきゃ、着替え」

自転車通学は禁止されているので、自転車の鍵という名称を伏せたのだが、怪しい会話内容だと思われたのか、部長たちの頭にハテナマークが見えた。


浅野君がもう一度舌打ちをして、私の腕をつかんで部室を出る。
廊下に出てもまだ進んでゆく。


「痛い、浅野君」
と言うと、手が離れて振り返った。


「…東野に送ってもらえばいいんじゃね」

「え?部活してるよ」

「俺も部活中。」

「音楽聞いて漫画読んでただけじゃん」

浅野君は舌打ちをして、私をにらむ。


「そんなに俺と帰りたい?」


癪に障る聞かれ方だけど、答えは…帰りたいしかない。
ムッとしながらも、こくんと頷いた。


浅野君は、仕方なさそうに言った。


「……じゃ、送るよ」


風に吹かれる薄茶色の髪が、サラサラしてきれい。
切れ長の二重の目で、瞳の色も少し薄くて、全体的に色素の薄いイメージがある。

なんで、そんなに不機嫌なのかわからなかったけど、その理由は後ほど判明した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今日は事業部の管理職陣キックオフ。本部長、部長、副部長、...

  2. 先生①

    2015/04/16

    中学2年の4月。Dくんと出会う少し前。私は先生と出会っ...

  1. 3年生の引退試合も終わり、2年生の先輩と私たち1年生での部活...

  2. 本当に今進行している事なんです。恐ろしい事です。入金...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 生後6ヶ月 乾燥肌改善できず心配
  2. お遊戯会の衣装に文句言うママ
  3. 浮気疑惑と夫の発言で虚しくなる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3