ブログランキング65

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2039
  • 読者 499
  • 昨日のアクセス数 3508

早くぅ…【277】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/12 19:44:31

  • 35
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





「あ~、タクミの中、気持ちいい」

「ねぇ、早くズンズンして……」

「待て、焦るな。今、動いたら出ちまう」


リキは眉間にしわをよせ、大きな波を耐える。
それでも早く刺激の欲しいタクミは自分から
動きだす。


「ズンズンして、リキのおちんちんで、
ズンズンしてぇ~」


一山超えたリキは、タクミの横に手をつき、
お望み通り、腰を打ち付け始めた。

タクミの瞳がうるみ始める。


「タクミ、どうした?」

「はぁはぁ……気持ちよくて……嬉しくて…
幸せで………もう……わかんない……」

「俺もだよ」


ストロークを大きくして、グングンを奥を
突くと、タクミがフルフルと震えだす。


「イキそう……イっちゃう……」

「見ててやるから」

「リキぃ~~~~あっ……んんん」


タクミから勢いよく白い快感が飛び散った。
それを見て、リキは一旦動きを止める。


「リキ………抱っこして」

「ああ」


肘を曲げ、胸と胸とをくっつけ、タクミの
背中に手を回す。

息の荒い唇をふさぎ、舌を絡めると、タクミ
の中がうねってくる。


チュッ


「タクミ、後ろ向け」

「うん」


胸を離すと吐き出されたモノが糸を引く。
濡れているもの構わず、タクミを四つん這い
にさせた。

再びタクミの中へ入っていき、今度は
小刻みに動く。


「あぁ~ダメ、まだイったばっかりぃ」

「大丈夫だ。タクミのココ、固いまま
じゃないか」


と、後ろから手を回し、ギュッと掴んだ。


「ヒャッ」


侵入の角度が変わり、体を貫くような
快感がタクミを襲った。
前と後ろの両方から攻められ、ポタポタと
透明な汁をタオルに滴らせ、切ない声で
鳴くタクミ。


「んん……んあぁ~~、あっ、あっ…」

「そろそろ俺も限界…」

「ボクも……」


リキが先に果てると、それに続きタクミも
果てたのだった。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………171タクミの体にうっすらと汗がにじむ。...

  2. ………67タクミは後ろ手にリキを握った。...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       「そこ…...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       果てたタ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/29 編集部Pick up!!

  1. 中2の娘に恋人できて心配する親
  2. 義母に孫を会わせない仕返し
  3. 入籍1年で義母の態度が変わった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3