ブログランキング27

恋〜いつか出逢ったあなた〜

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3719
  • 読者 789
  • 昨日のアクセス数 13232

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/10 11:24:36

  • 110

「……」

俺はー…スマホを手にして、しばらく立ち止まったままになった。

…ロビーの真ん中で。

「邪魔だぜ。神。」

こんな広いロビーなのに、なぜか俺の真後ろを歩いててぶつかった京介が、低い声で言った。


「……」

無言で一歩左に寄ると、京介は斜に構えて。

「…んだよ、おまえはー…ここんとこ、しんきくせーな。」

憎まれ口を叩いた。

だが、今はそれに応える気はない。

俺が無言でロビーの端にある椅子に向かうと。

「スルーかよ。」

京介はしつこく言った。

「…明日に備えて帰って寝ろ。また里中に怒鳴られるぞ。」

スマホを見たまま言うと。

「…うっせーな。ちくしょ。明日は文句言わせねー。」

京介はブツブツとそんな事を言いながら、どこかに消えた。



…知花から…スタンプが来た。

『めし食った?』っていう…よだれを垂らした猫のスタンプだ。

俺がDeep Redのスタンプを買う時、うっかり開いて買ってしまった猫田風太郎のスタンプ。

…使い勝手がいいから、ついシリーズも買ってしまった。

知花も…持ってたのか?


「……」

めし食った?なんて…知花には似合わない言葉だが…

この猫は可愛い。


俺はしばらく考えて。

『ごはん食べに行きたい(おごりで)』のスタンプを返した。

この前早乙女に送ったら、すぐに応じてくれてくれたからか、このスタンプには効力がありそうな気がする。(まさかだよな)


つい…必死でスマホを眺めてしまう。

すぐにそれが既読になって…返事を期待してしまうと…

『ヒマなの?』っていうスタンプ…

ヒマかと言われるとヒマじゃないが、知花と飯に行けるなら…

『ひまー(スタンプ)』

『マジすかー(スタンプ)』

『きょうはしごとかね?(スタンプ)』

『帰ります(スタンプ)』

『あと何分?(スタンプ)』

『いま出ました(スタンプ)』


「……」

ガキか。俺は。

そう思いながら…

スマホを眺めながら少し優しい気持ちになってる自分がいた。


『まってるにゃー(スタンプ)』

それを送ると、すぐには既読にならなかった。

エレベーターに乗ってるのか。

そう思うと…ソワソワしてしまって。

座ってる場合じゃなくなった。


立ち上がって、二階を見上げる。

どうしようか。

エスカレーターを駆け上がって、エレベーターホールまで行こうか。

いや…そんな事して、また知花の負担にはなりたくない。

ここは…落ち着いてここで待って…


ロビーの中央まで歩きかけてたが、思い直して椅子に戻ろうとしたその瞬間…

######

スマホが震えた。

うつむいて手元を見ると…

『遅刻なう(スタンプ)』

「……」

誰かにつかまったのか。

これが高原さんだったりすると、家でも会うクセに…って言っちゃ悪いが…

家でも会うクセに、長くなる。


立ったまま少し考えて。

『いいよー(スタンプ)』

それを返して、顔を上げようとした瞬間…

『お疲れー(スタンプ)』

…ん?

押し間違えたのか?


俺が少し首を傾げて、突っ立ったままで次のスタンプを選んでると…

ギュッ。

「…え。」

ここはロビー。

大勢の社員がいる。

「…お疲れー…」

背中から…知花の小さな声。

そして…俺の腰は、後ろから回された知花の両手で抱きしめられてる。


…どーした…?

公衆の面前だぞ?

いいのかよ…

おまえ、こういうのを俺がしたら…困った顔してたじゃねーか。

家でやれ。って言われて『ほら…』って顔してさ…






…くっそ嬉しいけどな。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 聖子『神さんがLINEって意外~!!プロフ写真の設定、楽しみ...

  2. 11月29日 夜15神 千里Lipsで京介が酔い潰...

  1. 38th 111

    2015/12/30

    「知花。」俺が声をかけると、エスカレーターに乗りかけた知...

  2. 48th 51

    10/29

    エレベーターの前で立ったまま、そうしてると…「何やってん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/27 編集部Pick up!!

  1. 1時間以上も叫び声が聞こえる
  2. 「雑巾」に衛生面を求める小学校
  3. 家の中でも常にポシェットする夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3