ブログランキング65

一生忘れることの出来ない恋

たくさんの人に応援していただいたミユとHIROの恋。ゆっくり更新していきます。

  • 記事数 328
  • 読者 1339
  • 昨日のアクセス数 5374

2016/10/10 13:09:49

  • 132
  • 0

鞄をがさこそ探す。


皆がどんどんそれぞれの路線の改札へと
歩き出す。


またねー!
お疲れ様ー!
笑顔で別れる。



…ない。
お店においてきちゃったかな…。


先輩と私の家は同じ沿線だ。

『何かないの?』
『携帯、お店においてきちゃったみたいです…。』
『戻るか?』
『先輩先に帰っててください!』
『一緒に行くよ?』
『でも、下手すると終電逃しちゃうから…。
私タクるので、帰っててください。』


何度も断ったけど、真夜中で危ないからと
先輩がついてきてくれた。


携帯は無事見つかった。

『あって良かったな。』
『ありがとうございます。すみません、付き合わせてしまって… 』

案の定、終電はなくなっていた。

『ミユーバスがあるよ!
深夜バス。これ乗って帰ろーぜ!』

私たちの住む路線は
終電のあとに一本、路線バスが走る。
何度このバスにお世話になったか笑。

バスに揺られて帰宅することになった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. バスは深夜の国道を走る。昔の話で盛り上がった。『あのと...

  2. 嘘のような本当のはなし。自分の降りるバス停まで、ショウイ...

  1. 目的地の駅に着くと先輩は『 ちょっと待ってて 』とそ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 夫が2人目望まずショック受けた
  2. 義両親の来訪 食事作りが苦痛
  3. 芸者の友人から聞いた別れの流儀

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3