ブログランキング15

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 167
  • 読者 1142
  • 昨日のアクセス数 21277

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/09 14:32:21

  • 81
  • 0

ぎゅうっと抱きしめられたら、表現できない感情が湧きあがる。
ずっとこうされててもいいくらいで、浅野君の匂いを目一杯吸い込んだ。

いい匂い。


私がじっと身を委ねているから、浅野君はおかしいと思ったらしい。


「ウソ、嫌がんないの」

「嫌じゃないもん」

「白川、もしかしてヤリマン?」

「・・・は?」


れっきとした処女なので、その誤解ははっきり言ってカチンと来た。

ぴったり抱き合っていた体を引きはがして、浅野君を見上げて睨んだ。


「したことないよ、そんなの」


「……ふぅん」

浅野君はそっぽを向いてしまい、それ以上聞いてくる事はなかった。


「浅野君はしたことあるの?」

ストレートに聞いたら、彼はとても困惑した顔をして「あるよ」と言った。



あるんだ。

…あ、そう。



デリカシーがなくて問題ばかりで関わりたくない彼に、昨日は救われた。
もっと近づきたくなっていた。

でも…誰かとエッチしたんだ。
て言うか、今、もしかして彼女いたり?

思いの外優しくしてくれるから、ちょっと図に乗ってたな…


「歩くのおっせ」

いつのまにか先を歩く浅野君が、私に声を掛けてきた。
駆け足で追いついたら、彼はまた前を向いて歩き出す。

頭の中は、浅野君の彼女(か、元カノ)はどんなだろう?でいっぱいで…


門の前まで着いたら、東野君が向こうから登校してきていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. おすそ分け求めて来た友人に唖然
  2. 会社をズル休み 妻子利用する夫
  3. 子作りに妻の一言で夫が大激怒

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3