バービーのブログ(題目未定)

学生の頃大好きだったあのグループに…。 あの頃書きためた妄想小説。完全自己満です♡

  • 記事数 60
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 25

#6-3 過去。

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 妄想

2016/10/10 08:55:58

  • 1
  • 0

嘘っ…。

雷斗、いつも私に優しくしてくれるよね。

そんな優しさが嬉しくて。

いつも本当に助けられる…。


「ごめんね、いつも。本当に助かるよ…。私こんなにゆっくりするの久しぶりかも。こっち来てからずっと休みなくて忙しかったからな。余裕が全くなかった…。」

本当にそうだよね。

本当に余裕がなかった。

これは神様のくれたプレゼントかもね。

そして、涼太のことも諦めろってことなのかな…。


「疲れたまってたんだなー。俺もこっち来た当初はずっと忙しくて休む暇もなくて大変だったよ。慣れない環境だし。」

「最初はね、毎日が辛くて辛くて。何度も逃げ出したくなったし、逃げ出そうと思った。でもね、今は毎日が楽しいんだ。歌うこと、踊ることが楽しいの。」


その瞬間、昨日のことが頭に浮かんだ。

昨日のことを思い出すと自然と涙がこぼれた…。

雷斗がいるのに。

自分で自分を抑えることができない。


「雷斗、私ね…」

そう言いかけた時。

雷斗が私をギュっと抱きしめた…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「ただいま!嘉斗!嘉斗...ただい...ま...」リビング...

  2. スッと嘉斗が俺から離れた物足りない俺は嘉斗の首に腕を回し...

  1. 「尚紀...んん...ぁ...」嘉斗が反応してくれるのが...

  2. 「なぁ...尚紀...」「ん...?」「お前...ホスト...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3