バービーのブログ(題目未定)

学生の頃大好きだったあのグループに…。 あの頃書きためた妄想小説。完全自己満です♡

  • 記事数 60
  • 読者 3
  • 昨日のアクセス数 13

#6-2 過去。

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 妄想

2016/10/09 20:08:58

  • 1
  • 0

「あ、鈴奈起きた?おはよう」


ん?

聞き慣れた声。

…。


「雷斗?」

そこには笑顔の雷斗が立っていた。

「具合はどう?」

そう言って私のおでこに手をあてる。

「んー、まだちょっと熱いなぁ。今日は学校も休んで一日中ゆっくり寝てろっ。」

そう言って私の頭をポンっとたたく。

そんな雷斗にちょっとだけドキっとする…。



「えっと、私どうしたんだっけ…?」

「覚えてない?すげーびっくりした。昨日レッスン中にいきなり倒れたんだよ。」


あぁ、そうか。

あの後倒れたの?私。

はぁ…。

「雷斗が家まで連れてきてくれたの?」

「うん、まぁ…。」

「ごめんね、ありがとう。」

「ぜんぜんいいって。」

「もしかして、ずっとここにいてくれたの?てか雷斗、学校は?」

「今日、創立記念日で休み。祥太は朝からレコーディングだし、涼太は学校。俺は今日昼からだからさ。」

雷斗…。

ずっと私のそばにいてくれたの?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 拓斗もこの学校で目立っている。髪を茶色に染めてる、言わば...

    リアル

    • 120
    • 0
  2. ゆっくり体を離して後処理を済ませた、拓斗の胸に潜り込む。 ...

    リアル

    • 149
    • 2
  1. 「ハハッ。わかりやすっ!笑」拓斗……あんたいじわるか!...

    リアル

    • 134
    • 0
  2. 授業中も休み時間も頭痛がしてずっとボーっとしていた。何度...

    リアル

    • 130
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 店員が悲しくなる「試着マナー」
  2. 雛人形のお下がりが腑に落ちない
  3. 妻が作った弁当捨て続けていた夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3