バービーのブログ(題目未定)

学生の頃大好きだったあのグループに…。 あの頃書きためた妄想小説。完全自己満です♡

  • 記事数 60
  • 読者 3
  • 昨日のアクセス数 18

#6-2 過去。

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 妄想

2016/10/09 20:08:58

  • 1
  • 0

「あ、鈴奈起きた?おはよう」


ん?

聞き慣れた声。

…。


「雷斗?」

そこには笑顔の雷斗が立っていた。

「具合はどう?」

そう言って私のおでこに手をあてる。

「んー、まだちょっと熱いなぁ。今日は学校も休んで一日中ゆっくり寝てろっ。」

そう言って私の頭をポンっとたたく。

そんな雷斗にちょっとだけドキっとする…。



「えっと、私どうしたんだっけ…?」

「覚えてない?すげーびっくりした。昨日レッスン中にいきなり倒れたんだよ。」


あぁ、そうか。

あの後倒れたの?私。

はぁ…。

「雷斗が家まで連れてきてくれたの?」

「うん、まぁ…。」

「ごめんね、ありがとう。」

「ぜんぜんいいって。」

「もしかして、ずっとここにいてくれたの?てか雷斗、学校は?」

「今日、創立記念日で休み。祥太は朝からレコーディングだし、涼太は学校。俺は今日昼からだからさ。」

雷斗…。

ずっと私のそばにいてくれたの?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 祥太が教えてくれた。私がレッスン中に倒れた時。家まで...

  2. 寝顔

    2015/09/23

    二人で布団にくるまった。二人とも部屋着を着て、枕元にスマ...

  1. そのまま3人で一緒に行くことになった。お土産のクランチを...

  2. それから

    2015/11/09

    優斗と別れた夜。二人でやり取りしたLineを読み返した。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/20 編集部Pick up!!

  1. 小児科で子供放置する親に引いた
  2. 嫁にだけ安価な食物を与える義母
  3. 笑い堪えるのに必死だった出来事

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3