ブログランキング37

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1129
  • 読者 553
  • 昨日のアクセス数 4944

恋をする女 9

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/12 12:50:14

  • 33
  • 0

ある日伊藤くんと二人で歩いていたら、「伊藤!」と呼ぶ声。

メッシュ混じりのショートカットに黒のレザージャケット。
ピアスをたくさん付けたロックな格好の女の子。

「久しぶりじゃん!」
しばらく二人は話をしてから、私の方を見て「彼女?」と聞いた。
伊藤くんは迷わず「友達」と言った。

いつもの軽い言い方。
わかっていたけど、やっぱり苦しい。

その子と別れてからもショックを引きずってた。
もしかして今の子とも関係あるのかも…とかグルグル考えていたら、
伊藤くんが立ち止まって、あたしを抱きしめた。
「……ごめん」


……なんの「ごめん」なの?
あたしは期待していいの?しない方がいいの?

結局何一つ聞く勇気なんてないんだけど……。

その後、珍しくすぐ近くのラブホに入った。
いつも大体伊藤くんの家なのに…。



会うとほぼ毎回、エッチはしてた。
割と時間も短くて愛撫も少ない淡白な感じ。

でもあたしが奉仕するのは好きだったから、してあげたことがあった。

これも前彼の調教の成果で、最初歯を当てて散々怒られ、やり方を教え込まれていた。

あたしは気持ちいいと言ってもらえるのが好きだった。
もっと気持ちよくなってほしくて、伊藤くんのをチューペットみたいに激しく吸ったらかなりよがった。
それを続けていたら途中で止められて、あたしの中に入ってきた。

挿入後もいつもより激しくて長い。
外に出した後、伊藤くんはしばらく動けなかった。

「……めちゃくちゃ気持ち良くて、ずっとイッてるみたいだった…こんなの初めて…」

あたしは恥ずかしいけどすごく嬉しかった。

いつの間にか必要とされることに自分の意味を感じていた。
伊藤くんと会っていると幸せを感じて、
その代わりにいつ幸せが終わってしまうのかわからない
不安に常に怯えていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. shinの物がアナルに入って窮屈でなんとも言えない感覚だっ...

  2. その後

    2014/11/15

    翌日義行さんからメール。【昨日は楽しかった。若い頃のドキド...

  1. 大好き…

    2014/12/06

    なんかスッキリしないけど…スッキリしに行きました(...

  2. 潤くんに振られたことは、想像以上に私にダメージを与えた...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3